お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

絶対後悔する……男性が知りたくなかった「女性の秘密」5選

ファナティック

恋人とはできるだけ隠しごとを作らないようにしたいものですが、すべてを相手に伝えてしまうと、逆にそれが原因でギクシャクしてしまうこともあるもの。そこで男性が思う、できれば知りたくなかったと思う、女性の秘密を語ってもらいました。

過去の恋愛

・「過去の男性遍歴について。聞くもんじゃないなと思いました」(33歳/団体・公益法人・官公庁/営業職)

・「女性のこれまでの交際歴。聞いてもあまり気分よくない」(35歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

これまでの過去の恋愛のことについては、なるべく耳にしたくないという男性も多いもの。終わった恋愛のことを聞いても、男性も太刀打ちできませんものね。

ムダ毛のこと

・「意外にスネ毛が濃かったこと。きちんと処理してほしい」(34歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

・「毛の処理の度合い。想像より多いと幻滅する」(32歳/電機/技術職)

ムダ毛の処理に毎日追われている女性も多いもの。うっかりムダ毛処理を忘れてしまうと、彼にショックを与えてしまうかもしれませんね。

ニオイのこと

・「ブーツを履いていたあとの足がくさいこと」(38歳/金融・証券/営業職)

・「ワキガ対策であれこれしているなど」(27歳/学校・教育関連/その他)

冬場のブーツの蒸れのニオイ対策や、ワキのニオイといった、不快なニオイについても知りたくなかったという声がありました。女性にはいいニオイでいてほしいという願望も強いのかもしれません。

女性同士の会話

・「女性同士の会話はけっこうエグいらしいという事実。詳しく知りたいような、知りたくないような……」(32歳/学校・教育関連/専門職)

・「女同士のひがみや妬みによるもの」(31歳/医療・福祉/専門職)

女性同士でしている話のことは、できれば知りたくないという男性も。男性同士の話より、内容がきついこともありますものね。

整形していたこと

・「整形していたというのを彼女の友だちから聞いたとき」(34歳/電機/技術職)

・「実は整形していたとか、体に関すること」(24歳/運輸・倉庫/営業職)

最近では簡単にプチ整形などもできることから、実は整形していますという人もいるのではないでしょうか。整形をしていたこと自体に、男性も驚いてしまうのでは。

まとめ

いろいろ女性の秘密に関して、知りたくなかったと思う男性も多いようです。包み隠さず彼に自分のことを話したとしても、それが彼にとって重荷になってしまうこともあるもの。言わなくてもいいことは、黙っておいたほうが得策かもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年9月30日〜11月1日
調査人数:100人(22歳〜39歳の働く男性)

※この記事は2016年11月06日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE