お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「受け身女子」or「攻める女子」男子が好きなのは?

ファナティック

ホワイト恋愛をする上で、自分からどんどん攻めたいという人もいれば、できれば相手から言い寄られたいという人もいますよね。どちらのタイプのほうがアプローチしやすいのか、働く男性にアンケート調査してみました。

Q.恋愛に関して受け身の女性と攻める女性。アプローチするなら、どちらのタイプの女性がいいですか?

・受け身の女性……56.4%
・攻める女性……43.6%

半数以上の男性は、受け身の女性のほうがアプローチしやすいという答えとなりました。みなさん、どんなタイプの女性にアプローチしているのでしょう。

<受け身の女性>

■攻められると引く

・「ガンガン来られると引いてしまいそうだから」(25歳/小売店/販売職・サービス系)

・「攻められると引いてしまいそうだから」(26歳/印刷・紙パルプ/事務系専門職)

あまり相手から積極的に攻められると、つい引いてしまうという男性も。それならば、受け身の女性のほうがいいと思うのでしょうね。

リードしたいので

・「男らしく自分からぐいぐい言って、カッコイイところを見せられるので。このほうが、恋愛も長く続きやすいと感じる」(26歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「自分がリードしたいから」(34歳/学校・教育関連/専門職)

自分が女性を引っ張っていきたいタイプであれば、受け身の女性のほうが向いているかもしれませんね。相手もアプローチされない限り、自分からは行動することは少なそうですものね。

■主導権を握れそう

・「こちらが主導を取れるから」(38歳/金融・証券/営業職)

・「こちらが優位に立てそうなので」(33歳/商社・卸/営業職)

受け身の女性だと、自分が主導権を握れるから好みだという男性も。何でも自分で決めたいタイプの男性であれば、受け身の女性のほうがアプローチしやすいと思うのでは。

<攻める女性>

■積極的なほうが好き

・「積極的な女性のほうが好きだから」(29歳/情報・IT/技術職)

・「積極的なほうが好ましいので」(32歳/金融・証券/専門職)

積極的な女性がタイプの場合、相手からアプローチされたほうがうれしく思えるようですね。自分自身が消極的だと、相手から攻めてほしいと思うのでしょうね。

■自分が攻められないので

・「自分があまり攻めるほうではないので」(35歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

・「自分から攻められないので、相手に攻めてきてほしいから」(37歳/情報・IT/技術職)

自分からぐいぐい攻めるタイプでなければ、相手から攻められたほうが恋愛に発展しやすいかもれません。どちらからも行動できないと、いつまでたっても友だちのままでいそうですものね。

■楽だから

・「こっちが楽できるから」(33歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「そのほうが受け身なので楽だから」(34歳/電機/技術職)

相手から攻められたほうが、自分は何もしなくていいので、楽に感じるかもしれませんね。自分が受け身な男性だと、攻められたほうが気楽なようです。

まとめ

受け身な女性がいいか、それとも攻めてくる女性が好みかは、男性によって異なるようです。自分と逆のタイプのほうが、恋愛をする上では何かとうまくいくことも多いのでは。同じタイプだと、相手の気持ちが分かる分、逆にアプローチしにくいことがあるかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2016年10月にWebアンケート。有効回答数91件(22歳~40歳の働く男性)

※この記事は2016年11月05日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE