お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

自覚ないってヤベェ……ずっと恋人ができない人の“共通点”5つ

ファナティック

もうイイ年なのに、一向に恋人ができる気配がない……そんな友人や知人に心当たりがある人もきっと少なくないはず。そういう人に対して「まあ、個人の自由だし、好きにすれば」と思う人もいれば、まったく違う感想を抱く人もいます。では、後者の人たちの胸の内にはどんな感想があるのか、今回は男性目線での本音に迫ってみました。

受け身じゃだめだ!!

・「臆病で受け身だと何も始まらない」(39歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「自分から動く人ではないんだろうな」(39歳/医療・福祉/専門職)

恋人ができない人の中には、恋愛に対してことごとく受け身で、自分から何かアクションを起こそうとしないタイプの人もいます。こういう人を見ると、やきもきしてしまうのでしょうね。

一人が良いんでしょ?

・「自分一人の生活に慣れすぎて関心が薄れていると思う」(39歳/その他/営業職)

・「本気で恋人を作る気がないからだと思う」(34歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

恋人がいない、ではなく、恋人を作らない、ということでしょうか。一人の生活を謳歌し、パートナーがいなくても楽しい生活を送っていると、恋人の必要性は感じなくなるでしょうからね。

プライドが高い?

・「妥協すればそこそこすぐに恋人はできる」(34歳/警備・メンテナンス/その他)

・「余計なプライドを捨てないからだと思います。早くしろ!と思います」(32歳/医療・福祉/専門職)

出会いがそこそこあるはずなのに、恋人ができない一部の人は、理想が高すぎて、恋人を選び過ぎている、なんてことも。ちょっと妥協すれば簡単に恋人ができるのに、もったいないですよね。

遊び過ぎ!!

・「選び過ぎなのではないでしょうか?」(38歳/電機/営業職)

異性と遊びの関係ばかり続けていると、本気で愛することができる恋人との縁がどんどん遠くなってしまうのかもしれません。本気の恋愛がしたいのなら、遊びの恋は断ち切るべきしょう。

草食系か……

・「これが、草食系が多い時代だと思う」(25歳/医療・福祉/事務系専門職)

男性も女性も、恋愛に対して、関心が薄い人は徐々に増えてきていますからね。生き方の多様化が進んでいるからこそなのかもしれませんが、ちょっと未来を案じてしまいます。

まとめ

恋人がいないことは、決して「悪」というわけではありません。そういう生き方、ライフスタイルを選ぶことも自由です。しかし、恋人が欲しいのに、なかなかできないのなら、自分を磨いたり、考え方を変えたりする努力が必要になってくるはず。本気で恋人が欲しい人は、まずはそのことを覚悟しなくてはならないのかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年10月にWebアンケート。有効回答数195件(22歳~39歳の働く男性)

 

※この記事は2016年11月05日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE