お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

見極めよう! 彼を実家に呼んだら「絶対にチェックするべきこと」6

ファナティック

長い付き合いの彼氏がいれば、将来を見据えて実家に招待することもありますよね。その際は自分の両親が彼を評価するわけですが、実は自分自身も彼に対してチェックするべきポイントがあるとご存知でしたか? どこをチェックするべきなのか、女性のみなさんに聞いてみました。

清潔感があるかどうか

・「清潔感、ヒゲや鼻毛などを見る」(34歳/その他/秘書・アシスタント職)

・「清潔感のある格好か、極端におどおどしてないか」(25歳/医療・福祉/専門職)

モテのキーワードといえば清潔感。きちんとお風呂に入り、衣服をケアし、ヒゲなども剃っていればそれだけで清潔感をアピールできそうですよね。

あいさつができるかどうか

・「きちんとあいさつができるか、親に対して丁寧な対応ができるか」(33歳/医療・福祉/専門職)

・「きちんとあいさつができるか。最低限のマナーを守っているか。両親との相性はよさそうか」(32歳/建設・土木/技術職)

親の前で口ごもってあいさつができないようだと、頼りない印象です。それに、ちょっと失礼ですよね。きちんとしたあいさつができなければ、最低限のマナーができない人だと、将来も不安かも。

靴を揃えるかどうか

・「靴を揃えるかなど、基本的なことを見ます」(30歳/医療・福祉/販売職・サービス系)

・「はじめのあいさつ。靴をきちんと揃えるか」(27歳/金融・証券/販売職・サービス系)

玄関に脱いでいく靴。振り返ってそれを揃えるかどうかは、初対面の親よりも彼女のほうがシビアに見るべき点かもしれません。普段の生活態度もある程度わかりそうです。

服装が適しているかどうか

・「服装、髪型、笑顔。自然な会話ができているかどうか」(32歳/金融・証券/販売職・サービス系)

・「服装がオシャレかつきちっとしているか」(26歳/医療・福祉/専門職)

ダサい格好の彼氏は親に紹介したとき恥ずかしいですし、オシャレな格好でもその場に適しているかは見るべきポイントです。できるだけフォーマルな服装が理想的ですね。

言葉遣いがきれいかどうか

・「言葉遣いは大丈夫か、緊張していないか、服装は大丈夫か。親の前で自分のことをさん付けできない人はあまり礼儀正しくないし、親に対して失礼だから」(24歳/不動産/事務系専門職)

・「言葉遣い、姿勢など。レストランで見るときと同じ」(34歳/学校・教育関連/専門職)

失礼な言葉遣いといえば、タメ語や間違った敬語などでしょうか。そのほか、親の前で彼氏が自分自身にかける言葉に注意している女性も。大切なことですよね。

手土産があるかどうか

・「手土産があるかないか、服装は最低限きちんとしているか」(33歳/建設・土木/事務系専門職)

・「礼儀やあいさつ、手土産があるなど、社会人の男性としてのしっかりとしたふるまい」(30歳/自動車関連/営業職)

気にしない人もいますが、手ぶらで彼女の親の家を訪問するのはちょっと失礼ですよね。もし相手の両親の好みがわからなくても、気持ちを伝えるためには何か持参したほういいでしょう。

まとめ

さて、いかがですか? 実家に彼氏を呼んだとき、これらのポイントをチェックしている女性が多いようです。今後の人生を安心して一緒に歩んでいける相手かどうか、実家での彼のふるまいから見極めておきましょう。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年10月13日
調査人数:115人(22~34歳の女性)

※この記事は2016年11月05日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE