お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

もうデレデレっ! 男性が「LINEを続けたいとき」に送るサイン5つ

ファナティック

少し気になる相手がいる場合、まずはLINEを使ってやりとりを始めてみる人も多いことでしょう。LINEが盛り上がるかどうかで、その先の進展にも関わってきますものね。しかし、相手が自分とのLINEを終わりにさせたいのか、まだ続けたいのか……。イマイチその温度感がわからなくなってしまうことはありませんか? そこで今回は、男性のみなさんに「女性とのLINEを長続きさせたいときに送るサイン」について、こっそり聞いてみました。

1.早めに返信する

・「できるだけ早く返信することを心がける」(37歳/その他/事務系専門職)

・「できるだけすぐにこまめに返す」(25歳/機械・精密機器/技術職)

相手からメッセージがきたら、なるべく早く返信するように心がけたいもの。そのまま放置しておくと、返信を送っても、相手からまた返信がくるかどうかがわかりませんものね。返信が早いのは、あなたともっとLINEをしたいサインかも!?

2.疑問形で返す

・「疑問を投げかけること。基本的にはあっさり終わらせたいと思う」(38歳/建設・土木/技術職)

・「最後を必ず疑問形で送ると返ってくる」(37歳/小売店/技術職)

「そろそろ会話が終わりそうかな?」と思ったときに、疑問形で返事を投げかけると、相手も返信をせざるを得ませんよね。相手が好意をもっていてくれた場合は、これで延々とLINEを続けることができそう。疑問形は、あからさまにあなたに好意があるサインかも?

3.自分から話を完結しない

・「話を完結させないで、明日に続くようにする」(38歳/学校・教育関連/専門職)

・「話をこちら側で完結させないようにする」(29歳/医薬品・化粧品/技術職)

LINEをしているときに「そうなんだ」などのひと言で、自分から会話を終了させてしまうと、そこでLINEは終わってしまうもの。無理矢理にでも、話を派生させる努力を男性たちはしているようです。相手が無理に話を広げようとしていたら、あなたとまだLINEを続けたいと思っている証拠かもしれません。

4.スタンプをいっぱい送る

・「スタンプを大量に送って、相手に興味を持ってもらう」(39歳/その他/その他)

・「スタンプを送りなごむ雰囲気を作りこむ」(22歳/警備・メンテナンス/販売職・サービス系)

相手の興味を引きたい場合は、スタンプを送ってみるという意見も。スタンプだけがポンッと返ってくると、女性としては「終わりにしたいのかな?」と思ってしまいますが、そうでないケースもあるようです。とはいえ、こちら側もその後の返信に困ってしまいますよね。

5.興味のある話題をふる

・「極力自分より相手の話題を掘り下げるよう努力する」(37歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「興味がありそうな話題をどんどん提供する」(37歳/小売店/販売職・サービス系)

相手が興味のある話題をふることで、話も広がっていくものです。自分が興味のある話題ばかりふられても、相手は退屈してしまいますものね。女性の話に合わせたネタを彼が送ってくれるときは、あなたに気を遣っているのかもしれません。

<まとめ>

いかがでしたか? LINEを続けたいときの男性のサインはざまざま。このサインを見逃してしまうと、発展する可能性のある恋も気づかずに終わってしまいそうですよね。相手の本心が見えにくいLINEのやりとりは、必要以上に気を遣ってしまうことがあるもの。みなさんは、相手とのLINEを続けたいとき、どんな内容を送っていますか?

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年9月27日~2016年9月29日
調査人数:374人(22~39歳の男性)

※この記事は2016年11月03日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE