お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

女性がギリ許せるのは「心の浮気」or「体の浮気」、どっち?

ファナティック

恋人や結婚相手に浮気されるなんて考えたくはないですが、「絶対にない」とも言い切れないですよね。もしも自分のパートナーに浮気されたら……許せるラインはどこまで? 心の浮気と体の浮気、されたら嫌なのはどちらか、社会人女性に教えてもらいました。

Q.女性に質問です。心の浮気と体の浮気、されたら嫌なのはどちらですか?

心の浮気……68.1%
体の浮気……31.9%

今回のアンケートでは圧倒的多数の女性が「心の浮気の方が嫌だ」と回答。体の浮気はもちろん嫌ですが、恋人の心がそっぽを向いてしまったら関係を修復するのが難しい? それぞれどうしてそちらが嫌だと思うのか教えてもらいました。

心が自分にないと、一緒にいる意味がなくなる

・「何かあったときに本当に心配してくれないと一緒にいる意味がない。体は遊びだけの場合があるから。心のほうが嫌」(34歳/その他/販売職・サービス系)

・「心が『浮気相手>自分』となるとじゃあ自分の存在って一体何?となるので」(31歳/その他/クリエイティブ職)

心が通じ合った人とするのが恋や結婚。それなのに心が自分以外の人に向けられてしまうと自分の「パートナーとしての存在意味」がなくなってしまいますよね。

心を持っていかれたら、完全に負けだから

・「どちらも嫌だけど、心の場合は完全に負けた気がする」(32歳/学校・教育関連/その他)

・「見返りを求めてない気がするから」(26歳/建設・土木/事務系専門職)

心を浮気相手に持っていかれてしまうと、パートナーとして「完全敗北」を認めざるを得ない!? 純粋な愛に、理性や常識だけで太刀打ちするのは難しい!

体の浮気なら「一夜の過ち」で済む

・「体の浮気なら本当に一夜の過ちでもうしませんってことになりそうだが、心の浮気はどんどんのめり込んでいきそうで面倒そうだから」(33歳/その他/秘書・アシスタント職)

・「体はその場限りで終わらせられるかもしれないけど、気持ちが向かうとそっちばっかりに行ってしまうと思う」(26歳/自動車関連/事務系専門職)

体の浮気なら単なる「一夜の過ち」で終わらせられそうですが、心の浮気は相手の気持ちを取り返すのが大変。人の心だけは、他人にはどうにもなりません。

心の浮気は浮気じゃなく、「乗り換え」

・「心がつながっていないと、恋人同士とは言えないところ思う。心がつながっているということは、恋人同士と変わらないと思う」(30歳/小売店/販売職・サービス系)

・「心の浮気はもう浮気ではなく、乗り換えていると思う」(27歳/情報・IT/営業職)

何の契約も結んでいない恋人同士の場合は、心の浮気はさらに深刻。2人の間をつなぎとめるものが何もなくなり、後は恋の終わりに向かうだけ!?

体の浮気の方が、場合によっては深刻

・「万が一浮気相手との子どもができたりしたらと思うと、相手を愛せなくなるから」(25歳/その他/秘書・アシスタント職)

・「どっちも嫌だが、肉体関係は子どもができる可能性があるので」(30歳/商社・卸/専門職)

一方で体の浮気だけなら被害が少ないかというと、「子ども」のことを考えたらそうも言えないですよね。浮気相手に子どもができたら、やっぱり恋の終わりに……。

体の浮気は、生理的に受け入れられない

・「なんか気持ち悪いから。心はもうどうしようもないし、諦めがつくけど、体はこっちに触らないでって思うので」(25歳/情報・IT/事務系専門職)

・「一時の気の迷いは仕方がないと思えるけれど、それ以上のことを我慢できないとなると許せない」(25歳/建設・土木/事務系専門職)

また体の浮気は生理的な嫌悪感を引き起こしやすく、たとえパートナーの心が自分にあっても「元の関係には戻りにくい」という意見もありました。

心の浮気も体の浮気も、された方にしてみれば被害は深刻。ただどちらかといえば、女性にとってダメージが大きいのは「心の浮気をされたとき」なのだそう。恋愛でリスクヘッジを考えるなら、何よりまず「彼氏の心をつなぎとめる」ことが大事なのかもしれません。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2016年7月にWebアンケート。有効回答数204件(25歳~34歳の未婚の社会人女性)

※この記事は2016年11月02日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE