お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

男子のやる気スイッチをオンにする女子の一言

ファナティック

きす好きな人とは一緒に過ごしているだけで幸せですが、さらに恋人のかわいらしい態度や台詞があれば、自然とやる気も増してくるというものですよね。男性のみなさんに、夜のやる気スイッチがオンになってしまうような女性の言動についてお聞きしました。

一緒にいたいとアピール

・「今日は一緒に寝たい」(33歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「まだ一緒にいたいみたいなことを言う」(24歳/運輸・倉庫/その他)

とてもストレートでシンプルなお願いですが、その素直さが男性の心にもグッとくるようです。デートが終わる頃、まだ帰りたくないと感じたときには正直に伝えてみる方が良いのかもしれません。

かわいく甘える

・「甘えられるとスイッチが入る」(40歳/情報・IT/技術職)

・「急に甘えてきて、上目づかいでお願いされたら、そういう気分になってくる」(37歳/情報・IT/技術職)

やはり男性はかわいらしく甘えてくる恋人には弱いようです。少し恥ずかしい気もしますが、多少わざとらしくなってしまっても甘えたい気持ちを素直に出してみると優しくしてもらえそうですね。

ボディタッチが多い

・「昼間のデートのときから、やたらとボディタッチが多い」(28歳/運輸・倉庫/その他)

・「ボディタッチなどで刺激を与えてくれる」(32歳/電機/技術職)

外で遊んでいるときからいつも以上にスキンシップが激しければ、今日は甘えたい気分なのかなと男性の方でも察してくれるようですね。直接的な行動は恥ずかしいという人はデートのときから軽く甘えてみると良いかもしれません。

下着はセクシーに

・「セクシーなランジェリーを見たとき」(23歳/その他/その他)

・「セクシーな下着姿を見せられたら」(23歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

セクシーな下着を着るのは少し照れるという女性も多そうですが、彼に喜んでもらえると思えば身につける勇気も出ますよね。デートのときには下着までトータルで服装にこだわってみましょう。

言葉よりも行動で示す

・「何も言わなくても彼女の方から先にシャワーを浴びるとか、ベッドに入るとかして、言葉にはしないけど誘っている感じが出ているとき」(39歳/金融・証券/営業職)

言葉で気持ちを伝えられるよりも、黙って行動で示されるほうが良いという男性もいるようです。はっきり言葉にするよりもどこか色っぽく、奥ゆかしさもありますよね。

お風呂上がりの姿

・「お風呂上がりの濡れた髪」(37歳/小売店/販売職・サービス系)

デートのためにしっかりキメた服装やヘアスタイルはもちろんかわいいですが、お風呂上がりや部屋着の姿は恋人同士でなければ見られないものですよね。そういった特別感を好ましく感じる男性もいるようです。

まとめ

言葉ではっきり伝えられたい男性もいれば、言葉よりも行動で示してほしいという男性も。夜のやる気スイッチが入るきっかけは人それぞれの好みで異なるようです。いつまでもラブラブでいるためにも、時には自分から彼の好きなシチュエーションを作ってあげたいものですね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2016年10月にWebアンケート。有効回答数91件(22歳~40歳の働く男性)

※この記事は2016年11月02日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE