お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

この予兆が出たら相当ヤバイ!! 彼の「マザコン予備軍」エピソード・6

ファナティック

今の彼氏との結婚を考えたとき、気になるのが彼氏とお母さんの関係です。親子間が仲良しなのはいいことですが、度が過ぎると困ってしまうことも多いかも。いずれマザコンになりそうな予兆がある「マザコン予備軍」と付き合ったことがある女性に、印象的なエピソードを聞いてみました。

■なんでもお母さんに相談する

・「何かというとおふくろ、おふくろと頼りにしてる姿は情けなかった」(31歳/金融・証券/事務系専門職)

・「なんでもお母さんに相談するし、お母さんが彼のスケジュールを把握している」(33歳/不動産/事務系専門職)

ささいなことでも相談するなど、何かと母親の影響が大きい男性は「マザコン予備軍」といえそう。彼氏のスケジュールまで管理しているとなると、「予備軍」ではなくて「エース級」かも?

■デート中にお母さんと長電話する

・「デート中にお母さんから電話がかかってきて長電話」(30歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「デート中も母親から毎回電話があり、しょっちゅう電話のやりとりをしていたので」(29歳/医薬品・化粧品/秘書・アシスタント職)

デートの最中にお母さんから電話がかかってくるのも、マザコンの予兆がありますよね。毎回となるとなおさらです。息子の行動をすべて把握したがる母親と、それを受け入れる息子の間には、強い愛情がありそうです。

■何かにつけてお母さんの話題

・「二言目には母親の話題になっていたこと」(33歳/不動産/専門職)

・「デート中に何度もお母さんの話が出る」(32歳/建設・土木/事務系専門職)

二言目にはお母さんの話題になるなど、しょっちゅう自分の母親の話をしているのは危険信号ですよね。「お母さんのここが好き!」なんて話をされたら、ちょっと引いてしまいそうです……。

■母親には逆らえない!

・「いつでも母親の意見を最優先にしていた」(26歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「大学生にもなって、お母さんが決めたことには逆らえない、と言っていた」(31歳/その他/その他)

お母さんの意見を最優先し、逆らえないような男性も「マザコン予備軍」ですよね。「自分がどうしたいか」よりも「お母さんがそう言ったから」ということを大事にする人とは、結婚しても先が思いやられます。

■まるで恋人!?

・「何か大きい買い物をするときは母親に電話していたし、家の中で母親が高い棚にある皿を取るときに、彼が母親を抱っこして取らせてあげていたとき」(31歳/医薬品・化粧品/事務系専門職)

買い物をするときに相談するのはまだしも、高い棚にあるものを取るときに「彼が母親を抱っこ」って、もはや恋人!? 彼が取ってあげればよさそうですが、わざわざ抱っこするのには、深い意味がありそうです。

■「綺麗なお母さん」が自慢?

・「看護師としてずっと働いているお母さんの写真を見せられて『かっこいいね』と言ったら、『きれい、って言ってよ』と言われたこと」(32歳/生保・損保/営業職)

彼の母親の写真を見せられて「きれいって言ってよ」と言われるのは、さすがにドン引きしてしまいそう。彼氏にとっては「自慢のお母さん」なのでしょうが、褒め方までされると、さすがに関係を疑ってしまいます……。

■まとめ

「マザコン予備軍」だと思った男性について、なかなか強烈なエピソードが寄せられました。どれも母親に対する過剰な愛情がひしひしと伝わってきますよね。もしこれらの予兆があなたの彼氏にあったら、立派な「マザコン予備軍」かも!?

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年10月12日~10月19日
調査人数:101人(22~34歳の女性)

お役立ち情報[PR]