お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 結婚

全っ然、別問題だから! 付き合えても「結婚は無理」な男性の特徴6つ

ファナティック

どれだけ好きな彼と一緒にいても、将来のことを考えると「この人、結婚相手としてはちがうかも?」なんて思ってしまうことはありませんか。恋人と結婚相手はちがうという話はよく聞きますが、実際に、どんな人だと「結婚はちょっと……」と思うのでしょうか。そこで今回は、女性のみなさんに「恋人としてはいいけれど、結婚となると無理だと思う男性の特徴」について聞いてみました。

■1.お金がない・借金をしている

・「借金をしてる人。生活がかかってくるから、借金してるのは論外」(29歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「お金がない。お金がないと結婚できないから」(28歳/アパレル・繊維/秘書・アシスタント職)

・「お金を貯めることができない人」(31歳/人材派遣・人材紹介/営業職)

結婚できない条件として、多くの人が挙げたのが「お金」にまつわること。恋愛のときは相手にお金がなくても家でまったりしたり、散歩したりといろいろ楽しめますが、結婚となると生活がかかってきます。どれだけ素敵な人でも顔がよくても、現状お金がなかったり、ましてや借金をしているような人は、結婚相手にはならないでしょうね。

■2.金銭感覚がちがう

・「金銭感覚がおかしい。生活する上でそれが重要なことだから」(23歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「ギャンブルをしたり、金がかかる趣味をしている」(30歳/医療・福祉/事務系専門職)

・「お金の変な無駄遣い。彼氏なら許すというか気にしないけど、結婚相手なら困る」(32歳/機械・精密機器/事務系専門職)

お金がないとは別に、稼ぎがあったとしてもその使い方を見ると結婚相手としてはちょっと……と思ってしまうことも。やはり堅実な人、真面目に将来設計をしている男性のほうが旦那さんとして安心できますよね。

■3.浮気をする人

・「浮気癖がある人。結婚しても絶対直らず、苦労すると思うから」(34歳/金融・証券/営業職)

・「女性にモテる。浮気を疑ってしまうから」(32歳/商社・卸/その他)

素敵な男性は彼氏にしていると自慢ですが、あまりにも女性に人気のある男性は結婚後の浮気を疑ってしまいそう。「二度としないから許して」なんて言われて、彼氏の浮気を許してしまったことがあるかもしれませんが、結婚相手として見ると……許しきれない可能性が高そうです。

■4.子どもにまつわるあれこれ

・「子どもが嫌いな人。子どもが嫌いな人は、いい家庭を築けないので」(34歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「子どもに対する価値観が合わない男性。女性の側が将来的に子どもを望んでいるのに、男性側が子ども嫌いだったりすると結婚には行きつかないと思う」(31歳/その他/その他)

やはり結婚するなら子どもがほしいと思っている女性は少なくないもの。それなのに男性側が子どもが好きではなかったり、ほしくないという気持ちだと、いざ結婚したとしても夫婦の間に溝が生まれてしまいそう。

■5.いつまでも夢を追いかけている

・「自分の夢を持っていてそれを追いかけている。結婚相手となると生活がかかってくるから」(32歳/自動車関連/技術職)

・「夢を追いすぎている。定職に就いていない。自分の稼ぎだけで暮らしていくなんて、考えられないから」(25歳/医療・福祉/専門職)

夢を追いかけている男性は素敵に見えますが、それは恋人時代に限るよう。現実の生活よりも夢を追いかけることに必死になられると、結婚してからの収入や生活など、不安なことばかりになってしまいそう。

■6.家事に不安アリ

・「家事ができない人。結婚したら、妻に家事の負担が来そうだから」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「家庭的ではないようなタイプの人」(25歳/生保・損保/営業職)

家事全般がまったくできない人だと、結婚すると自分の負担が多くなるのはなんとなく予測できるもの。最近は結婚しても共働きであることもザラ。それなのに、家事の負担が女性にばかり……となると、正直家事ができない人との結婚は無理だな、と思うのも納得です。

■まとめ

恋人の間は、生活にかかわるポイントよりは「一緒にいて楽しい」「気が合う」といったことだけでも関係が持続することもありますが、結婚して夫婦となると、それだけではない「お金」「将来のこと」なども2人で決めていけなくてはなりません。そうしたとき、一生をともに過ごせるような相手でないと、「結婚は難しそうだな」と思うみたいです。やはり現実的な部分をしっかりと見据えることが必要になってくるようですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』調べ
調査日時:2016年10月17日~10月20日
調査人数:104人(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]