お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

育ちがいいんだろうな! キレイに食べられたら男性が惚れちゃう食べ物4選

ファナティック

気になる異性と2人きりで食事に行ったときに、相手のマナーがあまりに悪いとドン引きしがちですが、逆に食べ方がとてもキレイだとグッときたりするのでしょうか? 社会人の男性に「これをキレイに食べられる女性はぐっとくる!」食べ物を挙げてもらいました。

■魚が上手に食べられる女性は尊敬する

・「焼き魚。子供のころから、しっかり両親に教えてもらってたんだろうな、と思う」(33歳/情報・IT/営業職)

・「魚。なかなか手間がかかるので、これをキレイに食べられるということは面倒くさがりではないと思う」(31歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「焼き魚。骨をキレイに残して寄せてあると素敵だなと」(34歳/医療・福祉/専門職)

骨や皮が邪魔して、キレイに身だけを取りづらいのが魚。箸使いがよほど上手じゃなければ、残すことなくキレイに食べるのは難しいですよね。魚を残さずキレイに食べられる女性は見ていて美しく、ステキな女性に見えるのだそう。

■米粒を残さない、その姿勢が好き

・「ご飯の米粒を残さず食べるかと、魚をいかにキレイに食べられるか。その人の育ちがわかる」(32歳/機械・精密機器/技術職)

・「魚、サラダ、豆類、ご飯など小さいものや細かい作業がいる食べ物」(33歳/人材派遣・人材紹介/営業職)

・「フランス料理などのテーブルマナーはもちろんですが、やはり、白米を1粒と残さずキレイに食べて欲しい」(30歳/食品・飲料/その他)

食べ方の美しさというよりは、「食」に対する考え方に好感を持てるのが、米粒を残さないできちんと食べる女性なのだそう。これができる女性は、食べ物や作ってくれる人への感謝の気持ちが感じられますよね。毎日を丁寧に生きていそうで、そこも好印象です。

■フランス料理を完璧に食べられる人

・「フレンチやイタリアンをナイフとフォークをキレイに使って食べているとき」(34歳/ソフトウェア/技術職)

・「フランス料理をキレイに食べられる。きちんとしつけがされていると思うから」(31歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

ナプキンやナイフとフォークの使い方、スープの飲み方など、細かい作法が多いのがフランス料理。この作法をきちんと守れる女性も、社会常識がある大人に見えて好印象なのだとか。彼氏と一緒にフランス料理店へ行くときは、事前にマナーをおさらいしておきたい!

■意外と見られている!? 納豆の食べ方

・「納豆を口の周りを汚さずに食べる」(34歳/学校・教育関連/専門職)

・「納豆をキレイに食べるのは凄い」(32歳/その他/その他)

男性から見られている……という意識が働きにくく、うっかり適当に食べてしまいそうなのが納豆。ただ納豆は、男性が「キレイに食べているか」のチェックが働きやすい食材なのだそう。糸を引いて食べにくい食材ですが、この食べ方もマスターしておきたい?

マナーが悪いとドン引きしやすい食事ですが、逆にここのマナーがきちんとできていると「異性からの好印象」を稼ぎやすいよう。ぜひ食べるのが苦手な食材があるなら、自宅で練習して「キレイに食べられているか」チェックしてみてくださいね!

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2016年6月にWebアンケート。有効回答数201件。25歳〜34歳の働く男性)

お役立ち情報[PR]