お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

血、漏れすぎ……。疑問に感じる「生理の失敗」6つ

ファナティック

生理が近くなると、前もって生理用品を用意するなどして、準備をしておくもの。でも中には、生理のたびに同じような失敗を繰り返す人も。女性が疑問に感じる他人の生理の失敗を、ここでぶつけてもらいました。

<疑問に感じる他人の生理の失敗>

■ナプキンを忘れる

・「ナプキンを持っていないで毎回他人に借りること」(29歳/情報・IT/事務系専門職)

・「急に生理がきてナプキンがないと言っている人」(25歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

生理になるたびに、生理用品をまわりにせがむ人っていますよね。もしものことを考えて、予備にひとつだけでも忍ばせておけばいいもの。他人に借りてばかりだと、嫌われてしまいます。

■白いボトムをはいてくる

・「白いボトムで気にする。暗いボトムをはけばいいのにと思う」(26歳/医療・福祉/専門職)

・「なんで生理中にわざわざ白いパンツルックなのか?」(33歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

生理だと自覚してれば、漏れが目立つようなファッションは避けるもの。わざわざ自爆するようなチョイスしなくても……と不思議に思ってしまうようです。

■漏れるのが疑問

・「寝起きに漏れているのが疑問。ナプキンで解決できないのかなと思う」(28歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「漏らしたりする人が信じられないです」(25歳/生保・損保/営業職)

ある程度生理用品で防ぐことができるもの。ただ、生理の量は人それぞれなので、漏れやすい人はタオルを敷いたり、ショーツタイプのナプキンにするなど、工夫が必要ですね。

■トイレを汚す

・「トイレの床に血がぽたぽた。拭けよと思う」(29歳/医療・福祉/専門職)

・「トイレを汚しても気がつかずそのまま出てくる。なぜチェックしないの……と思ってしまう」(33歳/不動産/専門職)

生理中にトイレを利用しているときは、便器に血が落ちてしまうこともありますよね。次の人が入ったときに、不快感を与えるので、キレイに掃除してほしいものです。

■椅子を汚す

・「電車の椅子に血をつけちゃう人。漏らしすぎでしょって思う」(29歳/医薬品・化粧品/秘書・アシスタント職)

・「会社の椅子に漏らしてしまう。そこまで気づかないものかと不思議に思う」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

生理のときに、椅子まで漏れてしまう人もいるものです。トイレに行くタイミングがなかったり、量が異常に多かったりするのかもしれません。失敗が多い人は、対策が必要ですね。

■洋服を汚す

・「トップスに血がついている人。どうやったらつく?」(24歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

生理中は洋服に経血が漏れてしまうことも考えられます。中には、「どうすればそんなところに血がつくの?」と思う場所についている人も……。不思議ですよね。

<まとめ>

生理中はいろんな失敗を起こしてしまいがちですが、気をつけていれば、大半は防げるものかもしれません。特に経血の多い日は、多い日用や夜用を使ったり、生理用品を多めに敷いたりと、事前に対策するようにしましょう。

(ファナティック)

※画像はイメージです

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年10月4日~2016年10月14日
調査人数:102人(22~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]