お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

マジあり得ねぇ! 彼女が記念日をスルーしたときの男の本音6つ

ファナティック

誕生日にクリスマスというような、恋人にとって大事な記念日は、なるべく二人で過ごせるようにしたいもの。もしもどちらかが忘れてしまった場合、大ゲンカになってしまう可能性は高そうですよね。彼女が記念日を忘れていたら、男性はどのように行動するのでしょうか。

■気にしない

・「自分もよく忘れるのであまり気にしないと思う」(30歳/医療・福祉/専門職)

・「私も忘れるので気にしません。そのまま忘れててほしい」(37歳/機械・精密機器/営業職)

記念日を忘れられてしまったとしても、それほど気にならない男性もいるようです。自分が忘れてしまうことが多いと、気になったとしても何も彼女にいえないのかもしれませんね。

■ガッカリする

・「少しガッカリするが、特に何も言わない」(23歳/金融・証券/営業職)

・「プレゼントがどうしてもほしいわけではないが、ガッカリする」(27歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

二人にとって大切な記念日ならば、できれば一緒にその日は過ごせるようにしたいもの。彼女が忘れていたとすると、だいぶガッカリしてしまうようです。

■話を振ってみる

・「それとなく話を振ってみて思い出してもらう」(27歳/小売店/販売職・サービス系)

・「それとなく記念日の話をして、思い出させる」(34歳/電機/技術職)

記念日に何も彼女が言ってこないのは、単純にど忘れしているだけかもしれません。話題を振ってみることで、思い出してくれるかもしれませんね。

■相手に教える

・「教えてあげる。黙って機嫌悪いのは子どもっぽいから」(38歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「教える。人間だから忘れてることもあるだろう」(38歳/情報・IT/クリエイティブ職)

彼女が記念日を思い出してくれないのなら、自分から記念日のことを彼女に教えてあげるという男性も。何もいわず怒ってしまうよりは、理由をきちんと教えてあげたほうが良いのでは。

■傷つく

・「受け流します。傷つきますけど」(38歳/学校・教育関連/専門職)

・「ショック。女性はそういうのにうるさいイメージがあるから」(32歳/運輸・倉庫/技術職)

さすがに大事な記念日を彼女が忘れていると、やはり傷ついてしまう男性も多いようです。言葉には出さなくても、本当は楽しみにしている男性もいるのではないでしょうか。

■ストレートに言う

・「今日は何の日~って話しかける」(26歳/食品・飲料/技術職)

・「ハッキリと言う。今日○○の日だけどどっか行く? といった感じで」(37歳/電力・ガス・石油/事務系専門職)

一緒に記念日を過ごしたいと思うなら、ストレートに彼女に記念日の内容を伝えて、二人でまったりと過ごしたいものです。

■まとめ

本当は気になっていたり、傷ついていたりしても、彼女の前では態度に出さない男性も多いよう。でも、心の中では大いに傷ついていることもありますので、彼の本心を見抜いてあげなければ、しばらくは根に持たれてしまうかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年10月にWebアンケート。有効回答数102件(22歳~40歳の働く男性)

 

お役立ち情報[PR]