お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

ひぃぃ、もうカンベン!! 彼女にやめてほしい束縛6つ!

ファナティック

カッコいい彼氏を持つと、他の女性からアプローチされないか不安になってしまうもの。女性から寄ってくるので、浮気しないか心配になり、ヤキモチを焼くこともありますよね。男性が彼女にやめてほしいと思う、ヤキモチから来る束縛にはどんなものがあるのでしょう。

■メールが多い

・「頻繁なメールや電話、行動を制限されるのがいやだ」(38歳/学校・教育関連/専門職)
・「頻繁な位置確認メール。今どこにいるの?がしつこすぎるから」(26歳/農林・水産/技術職)

彼とつながっていないと不安になり、つい連絡が頻繁になってしまうこともありますよね。返信がこないと、よりいっそうしつこく連絡してしまいそう。

■携帯を見る

・「携帯を勝手に見る。特に関係ないものまで、疑われるので」(33歳/機械・精密機器/秘書・アシスタント職)
・「携帯電話をのぞくこと。やましいことがないなら見せてと言われたら見せざるを得ない」(37歳/電力・ガス・石油/事務系専門職)

こっそり彼の携帯を見ている人もいるのでは。やましいことがないとしても、プライバシーにかかわるので、あまり見られていい気分になる男性は少ないかもしれません。

■女性が参加している飲み会

・「女性が一緒の飲み会。職業柄仕方がないことだと思うから」(31歳/医療・福祉/専門職)
・「飲み会で女の子がいるとすぐに浮気と疑う。職場とかただの関係なのに疑ってくる」(29歳/学校・教育関連/専門職)

会社の飲み会などに参加する場合、必ず女性社員も参加してくるもの。会社の同僚まで疑われしまうと、さすがにウンザリしてしまうのでは。

■友だちと出掛けないで

・「男友達と遊びに行くのにうるさく言う。男友達だし、女性がいるわけではないので、うるさく言われたくないから」(34歳/電機/技術職)
・「あまり友人と出掛けないでほしい。友人と出掛けるのではなく、自分と一緒にいてほしいので」(28歳/その他/その他)

男友だちと言えども、一緒に遊びに行くと機嫌の悪くなる人もいるようですね。すべてを制限しすぎてしまうと、彼も息を抜く場所がなくなってしまうのではないでしょうか。

■女性の話をすると不機嫌になる

・「女の子の話をすると機嫌が悪くなる。束縛はないけど、機嫌が悪くなるのはやめてほしい」(35歳/団体・公益法人・官公庁/その他)
・「他の女性を名前を出すと怒ること。会話の流れで他の女性を言わないといけないときもあるので許してほしい」(37歳/小売店/販売職・サービス系)

少しでも女性の名前が会話に出てくると、逆鱗に触れてしまうこともあるようですね。やましいことが何もない女性だからこそ、堂々と名前を言えるのかもしれません。

■何をしているのか報告

・「今どこにいて何をしているのか逐一報告を求められる。面倒だし監視されているように感じてストレスだから」(27歳/運輸・倉庫/事務系専門職)
・「今何をしているかの報告。やましいことはしていないのに報告を求められるのは信用されていないことだから」(33歳/商社・卸/事務系専門職)

中には彼氏に逐一、何をしているのか報告させている人もいるようです。何かをさせられていると感じると、どうしても閉塞感を覚えてしまうのでしょうね。

■まとめ

少しぐらいのヤキモチならかわいいと思われることがあっても、行き過ぎたヤキモチになると、さすがにやめてほしいと思う男性も多そうですね。もともとヤキモチ焼きなのか、それともそれまで何か原因があってヤキモチを焼くようになったかで、男性の対応も大きく変わってきそうですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年10月にWebアンケート。有効回答数102件(22~38歳の働く男性)

お役立ち情報[PR]