お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

結婚前に知っておくべき「彼との●●の相性」

ファナティック

結婚するときに大事なのは2人の「相性」。一口に相性といってもいろいろありますが、みなさんが結婚前に知っておきたいのは、彼とのどんな相性のよさですか? 今回は結婚前に知っておきたい「彼との●●の相性」について女性に聞いてみました。

 

■お金

・「お金の相性。金銭感覚は同じぐらいがいい」(30歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「お金です。金銭感覚がおかしい人とは生活できない」(29歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

金銭感覚が違い過ぎるとケンカの元。金遣いが荒い男性もケチな男性も生活にはいろいろと支障が出そうなので、自分と同じ金銭感覚を持った人と結婚するのが一番。デートのときのお金の使い方はしっかりとチェックしておきたいですね。

■食事

・「食の相性。食が合わなければ、結婚はつらいから」(28歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「食事に関する相性。マナーとか好みとか」(32歳/自動車関連/技術職)

食事というのは生活の基本とも言える部分なので、ここが合わないと大変かも。結婚後に料理を作るにしても、味の好みが違っているとおいしく食べてもらえませんよね。好き嫌いの有無や味付けの好みなどは結婚前に確認しておいた方が良さそうです。

■性格

・「性格の相性は大事だと思う。合わないとケンカになる」(34歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「性格。一緒にいるのであれば、ある程度性格は一致していた方が良い」(33歳/情報・IT/事務系専門職)

何をするにしても大事だという人も多い性格の相性。相手と自分との違いを認めあえるという関係も良いですが、掛け離れすぎていると溝を埋めることもできなさそう。ケンカをしないためにも相性の良さは大切ですよね。

■笑いのツボ

・「笑いのツボ。楽しさを共有できることが一番」(27歳/その他/専門職)

・「笑いの相性。楽しいことが同じ方がいい」(31歳/人材派遣・人材紹介/営業職)

笑いのツボが同じなら、楽しみを共有することで絆を深めることができそう。感覚的な部分だけに、長く付き合っていかないとわからないことも多そうですが、そこが一致する人ならほかの部分には目をつむれるという人もいるかもしれませんね。

■カラダ

・「体。好きとか嫌いだけじゃなくて相性は大事」(32歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「やはりカラダの相性。一生だと思うと絶対に後悔したくないから」(33歳/ホテル・旅行・アミューズメント/事務系専門職)

このままずっと一緒にいることを考えると、カラダの相性は大事なことのひとつ。テクニックの有無などではなく、相手を思いやる気持ちが肌に伝わることで、相性の良さを感じさせることもあるかもしれませんね。

■家族

・「彼の親との相性。義理両親の性格はよく聞いておくべきだと思う」(32歳/建設・土木/事務系専門職)

・「家族。彼の両親や兄弟とうまくやれそうか」(23歳/建設・土木/技術職)

同居するわけでなくても避けて通れない彼の家族との付き合い。仲良くできないタイプの家族だと、それが原因で夫婦ゲンカにもなりそうなので、両親や家族についても詳しく聞いておく必要がありそうですね。

■まとめ

結婚前は気持ちも舞い上がっているし、彼のことが好きなら全部を受け入れられそうな気もしますが、冷静になったときに後悔しないためにも、相性を確認しておくことは大事。いろいろな面で会わないところが目に付き始めると、最初は好きだったところまで嫌になってしまうかも。自分にとって譲れない相性は何なのかを知っておくことは、結婚後に後悔しないためにも大切なことですよね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年10月にWebアンケート。有効回答数108件(22歳~35歳の働く女性)

 

お役立ち情報[PR]