お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

うわ、クチャラーきもっ! 不快な食事の仕方・6パターン

ファナティック

デートといえば必ずついてくるのが「食事」。ここで相手の食事の仕方を見て「嫌いになってしまった……」なんて女性も多そうですよね。そこで一緒に食事をしていて不快に思いやすい「異性の食事の仕方」とはどんなものか、社会人女性に教えてもらいました。

クチャラーだけは無理!

・「異性だけじゃなく、クチャラーとか箸の持ち方がおかしいとか、一般常識レベルのマナーがなっていない人とごはんを食べたくない。絶対イヤ」(33歳/その他/クリエイティブ職)

・「クチャラーは本当に不愉快! あとご飯粒残す人もちょっと気になる。親から言われないのかな?と思ってしまう」(28歳/医療・福祉/専門職)

一緒に食事をしていて食欲がなくなってしまいやすいのが、クチャラーな人との食事。なぜ生理的不快感を呼びやすいのかは謎ですが、どうにも受け入れにくい!?

食べ方が汚い人も嫌われやすい?

・「クチャクチャ食べて、次から次にいろんなものを食べて、お皿がぐちゃぐちゃな人」(26歳/印刷・紙パルプ/事務系専門職)

・「たくさん注文しておいて、急にお腹一杯と言って残す」(29歳/医療・福祉/専門職)

食べ残しが多かったり、食べ方が汚かったりする人も品がなく見え、ガッカリしやすい食事の仕方かもしれませんね。食べ物を大切にする気持ちは大事です。

食べるときの姿勢が悪い

・「姿勢が悪い。腕を女性に回したりしてキャバクラみたい」(31歳/運輸・倉庫/販売職・サービス系)

・「肘をつく。クチャクチャ食べる。お店の雰囲気や料理などにケチをつける。楽しくおいしく食べたいのでその気持ちを邪魔しないでほしい」(33歳/その他/販売職・サービス系)

食べ物への感謝が見られないのが、汚い食べ方と「食事のときの姿勢の悪さ」ですよね。楽しくおいしくキレイに食べることが、誰かと食事するときの基本かも?

食べながらしゃべらないで!

・「ものを噛みながらしゃべる。口の中のものが見える」(32歳/その他/販売職・サービス系)

・「よくこぼす。ずっとしゃべりながら食べられると、こちらも食べるタイミングがわからない」(34歳/食品・飲料/技術職)

会話は食事をおいしくしてくれる最高のスパイスですが、これもやりすぎは厳禁!? 特に口を大きく開かれると、見たくないものが見えてしまうことが……。

食事中にスマホされると、ショック……

・「やたらスマホをいじる(ゲームやTwitterばかりする)。私といる時間がつまらないのかとショックを受ける」(28歳/ソフトウェア/事務系専門職)

・「肘をついたり、話そっちのけでスマホを見る」(29歳/医療・福祉/専門職)

自分と一緒に食事するのがつまらないのかな、とちょっぴり傷つくのが食事中のスマホ。これもデート中にやるとヒンシュクを買いやすい行為です。

お箸の持ち方がおかしいと、すごく気になる

・「箸の持ち方がおかしかった人にドン引きした。握り箸、刺し箸しながら、すごくかっこつけて仕事の話をし、挙げ句他人をこき下ろして、さらにドン引きした」(31歳/建設・土木/秘書・アシスタント職)

・「クッチャクッチャ音を立てて食べる人。大きなゲップをする人。刺し箸や寄せ箸をする人。など、マナーが悪いのは全般的に不快」(25歳/その他/その他)

一度気になり出すと目につきやすいのが「お箸の持ち方」ですよね。そこにばかりつい目が行ってしまい、話が耳に入ってこなくなる!?

デート中、相手の食事の仕方があまりにひどいと、それだけで「もう無理!」なんて思ってしまうことも。せっかく出会えたのに、マナーが悪いだけでサヨナラなんてとても残念ですよね。直せるものなら直してもらい、できれば一緒に楽しく食事したい……ですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ(2016年8月にWebアンケート。有効回答数209件。25歳~34歳の社会人女性)

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE