お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

「遊び目的の男」が必ずしてくる行動・6つ

ファナティック

男性の目線を客観的に見ていると、下心が見え隠れしているのを感じることがありますよね。そんな「下心でしか見ていないのバレバレだよ!」と思う男性の行動にはどのようなものがあるか、女性のみなさんに聞いてみました。

■ボディタッチが多い

・「激しくボディタッチをしてくる人」(33歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「初対面なのに、ベタベタしてくる感じの人」(32歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「飲み会の席で、やけに側に寄ってきて、ボディタッチしたりして絡んでくる人。お持ち帰ろうとしているのかと疑ってしまう」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)

ただ触りたいだけでしょ、と言いたくなるほどにボディダッチの多い男性はけっこう多くいるようです。

■胸元ばかり見ている

・「会話のときに胸を見ながら話している人」(30歳/小売店/販売職・サービス系)

・「あからさまに胸の大きな人の胸しか見ていない」(34歳/金融・証券/営業職)

・「胸元などの露出の多い女性ばかりにアプローチする人」(30歳/ソフトウェア/その他)

胸元のひらいた服を着ている女性がいると、男性としてはどうしても見てしまうのだとか。

■見た目ばかり褒める

・「かわいいとか、見た目の事しか言わない」(33歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「人の話をほとんど聞かずに外見だけをずっと褒める人。興味があるのは外見だけかと嫌悪感がするから」(32歳/金融・証券/専門職)

・「見た目ばかり褒めて、内面を見ようとしてくれない。あまり深く関わろうとしていないんだろうなと感じるから」(29歳/ソフトウェア/技術職)

褒められることはうれしいことですが、あまりに外見ばかりだとそこしか見てないの? と言いたくなりますよね。

■酔わせようとする

・「なかば強引に酔わせようとしてくる人」(29歳/機械・精密機器/技術職)

・「飲み会の席でやたら飲ませてきて、介抱しようとする男性。お持ち帰りしようとしてるのが見え見えだから」(29歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「やたらお酒を飲むようにすすめてくる男。酔って連れて帰ろうとしているのがバレバレ」(32歳/団体・公益法人・官公庁/秘書・アシスタント職)

お酒に弱い女性に対し、強めのお酒をわざとすすめる男性というのは実際いるよう。要注意ですね。

■夜にしか誘わない

・「やたら夜遅い時間に誘ってくる」(33歳/不動産/専門職)

・「飲み会のあとに明らかに終電逃しを狙って飲みに誘う」(29歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

・「必ずうまい理由をつけては、夜中の待ち合わせを指定してくる。ご飯からのホテルの流れをもくろんでいるのがわかる」(33歳/生保・損保/事務系専門職)

終電がなくなりそうな時間を狙って誘ってくるという男性も。はじめから予防線を張っておく必要がありそうです。

■ホテルに誘ってくる

・「デートのときに、いつもホテルに行こうと言う」(33歳/情報・IT/事務系専門職)

・「すぐに家に連れ込もうとする。家で飲もうよとかありえません」(32歳/建設・土木/事務系専門職)

・「すぐに泊まりの計画を立てる。好きだとも付き合ってくれとも言っていないのに。どうかと思う」(34歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

直球でホテルに誘ってくるという意見も。ここまでくると下心を隠す気があるのだろうか、と思ってしまいますね。

■まとめ

下心がバレバレだよ、という行動、どうやら女性側からすると見え見えの場合が多いよう。その気のない男性から、このようなアプローチがあった場合は、少し距離を置いて接したほうがよさそうですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年9月30日〜10月11日
調査人数:115人(22歳〜34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]