お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

「愛する」と「愛される」ではどっちが幸せ? 約86%の女性の答えは……

ファナティック

よく「女性は男性に愛されるほうが幸せ」と言われます。男性から愛されることはとても素敵なことですが、自分が相手を愛する恋も楽しいですよね。では「愛する」のと「愛される」のではどちらのほうが幸せだと思うか、女性の意見を聞いてみましょう。

Q.あなたは、「愛する」のと「愛される」のでは、どちらが幸せだと思いますか?

愛する……13.6%
愛される……86.4%

圧倒的多数で「愛される」ほうが幸せだという回答が多いようです。どうしてそう思うのか、それぞれを選んだ理由について見てみましょう。

<「愛する」と回答した人の意見>

■愛するほうがテンションが保てるから

・「追いかける恋をしてるほうが好きだから」(24歳/建設・土木/技術職)

・「自分が好きなほうがテンションが保てるので」(25歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

自分から愛するほうがテンションが保てる、という声がありました。自分はあまり好きではないのに、相手から愛されると重く感じることもありそうですよね。自分が好きなほうが気持ちは盛り上がりそうです。

■愛しているときが楽しいから

・「自分の感情なので、自分から発信したほうが楽しい」(29歳/生保・損保/営業職)

・「愛されるのはたいしておもしろくない。愛しているときが楽しい」(34歳/金融・証券/専門職)

愛しているときのほうが楽しい、という声も見受けられました。自分が「あなたのことをこんなに好き!」とアピールするのは気持ちがいいですよね。愛されるだけではつまらない、と思う人もいるようです。

■愛しているほうが幸せな気分になるから

・「相手を思って幸せな気分になれるから」(29歳/ソフトウェア/技術職)

・「愛せる対象を見つけられるってことはすごいことだと思う。自分が愛しているほうがドキドキするし、幸せな気分になる」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

愛しているほうが幸せな気分になる、という声も。好きな人のことを思っている時間は、かけがえのない大事な時間ですよね。一途に相手を思い続けることができるのは、とても幸せなことだと言えそうです。

<「愛される」と回答した人の意見>

■大切にしてくれてることがわかるから

・「『愛されてる』ってことを感じられるのが幸せだと思うから」(32歳/自動車関連/技術職)

・「愛されたほうが、自分のことを大切にしてくれて幸せと思うから」(28歳/アパレル・繊維/秘書・アシスタント職)

愛されたほうが大切にしてくれるから幸せ、という声が多数ありました。自分が愛しても報われないと、とてもつらい思いをしますよね。相手から愛されることで「大切にされている」という実感がありそうです。

■気持ちに余裕ができて満たされるから

・「愛されていると心に余裕が生まれると思うから」(33歳/金融・証券/事務系専門職)

・「愛されるほうが気持ち的にも満たされそうだと思うので」(29歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

愛されると気持ちが満たされる、という声もありました。自分が愛するよりも、相手から愛されるほうが心に余裕が生まれそうですよね。心に余裕ができると気持ちが満たされるので、愛されている幸せを感じられそうです。

■愛されていると安心感があるから

・「安心感と守られてる感じがするから」(32歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「自分のことを思ってくれるのがわかると安心するから」(27歳/学校・教育関連/販売職・サービス系)

安心感がある、という声も多く見られました。相手から愛情をたっぷり注がれると「何があっても大丈夫」という気持ちになりそうです。精神的な支えがあると、心が安定するので満足感や安心感が得られそうですね。

■まとめ

「愛する」と「愛される」では、多くの女性が「愛されるほうが幸せ」と回答する結果となりました。相手を追いかける恋もいいけど、追いかけられる恋に満足感を得る人は多いようです。愛されることで「必要とされている」という実感がわくことが、幸せだと感じることにつながると言えそうです。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年9月28日~10月11日
調査人数:110人(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]