お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

えっ、彼女がいるのに!? 男性が女性と2人きりで出かける理由

ファナティック

彼氏・彼女ができたときに「どう受け止めるべきか」で、悩みやすい恋人の異性の友だち。特に2人で出掛ける仲となると、本当に許すべきなのか悩みますよね。社会人男性は「女友だちと2人で出掛けること」を実際どう思っている? 本音を調査してみました。

Q.男性に質問です。彼女がいても、女友だちと2人で出かけますか?

はい……40%
いいえ……60%

今回「彼女がいても女友だちと2人で出掛けるか」を聞いてみたところ、約4割の男性が「はい」と回答! 思っていたよりも多い割合ですよね。男性にとっては異性の友だちと出掛ける位、割と当たり前なことなのでしょうか。それぞれの意見を聞いてみます。

男女の友情はないと思うから、2人では出掛けない

・「男女の友情は信じられない。どちらかが下心を持ってしまうと思う」(32歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「2人で出かける時点で友だち以上を目指す相手だと思ってるから」(32歳/自動車関連/技術職)

・「メールくらいならともかく、2人での外出は、さすがにデートになってしまうので」(31歳/情報・IT/事務系専門職)

異性の友だちと気が合うといっても、2人で出掛けられるほど気が合うとなると「友だち以上の関係」になることも多いに考えられますよね。男女間での友情が本当に存在するのか、それが実感できない内は「2人で出掛ける」のはやはりためらってしまう?

そんな生活を送っていたら、今にバチが当たる

・「調子こいてそんな生活を送っていたら、今に誤解される日が来るだろう」(31歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「友だちで何もなければ問題無いし、信じてくれているからとか良く言うけど、結局彼女は良い気分では無いはずなので、わざわざそんな心配を掛ける必要はない」(28歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

・「恋愛対象では無いけれども周りから見たら誤解されそうなので、自分から面倒な方に転ぶようなことはしない」(26歳/その他/その他)

また異性の友だちとどこまでつきあうかは、その友だちとの関係性を考えるのではなく「恋人との関係性」を軸にして考えた方がいいという意見も。確かに一生という長い目で人生を見たら、どちらを大切に考えて動くべきか、答えは明白ですよね。

彼女が受け入れてくれる友だちなら、2人で出かけても問題ナシ

・「好きなのは彼女であり、それ以上もそれ以下もないから。性格上、友だちみんなに彼女を紹介すると思うから彼女も知っている知り合いのみになるはず」(33歳/小売店/その他)

・「基本的に異性の友だちはありだと思っている。彼女に報告できるなら。受け入れてくれるなら。そうでなければ、二人では会わない」(33歳/自動車関連/技術職)

一方で彼女に紹介できて、彼女も2人の友人関係を認めてくれるなら、2人で出掛けても全く問題ないという意見も。要は異性の友だちが彼女にとって不安材料になるのか、そうでないか次第? 彼女公認の友だちなら何の問題もないのかもしれませんね。

彼女との信頼関係次第だと思う

・「彼女との信頼関係ができていれば何も問題ないし、彼女以外の女性の考えを聞く事も大切」(34歳/運輸・倉庫/営業職)

・「彼女から制約を受けない場合のみではあるが、いろいろな人と話す機会を作りたいから」(31歳/その他/経営・コンサルタント系)

さらに異性の友だちと出掛けられるかどうかは、彼女との信頼関係がしっかり築けるか次第だという意見もありました。お互いがお互いを信頼しあえていて、相手が絶対に「自分を傷つけるようなことはしない」と思えるなら確かにアリかも?

異性の友だちと2人きりで出掛けるかどうかは、「恋人の器量次第」と考えている男性が多いよう。異性の友だちとのつきあいがどこまでなら許せるのかは、前もって希望を伝えておいた方がいい? 後はお互いに信頼関係を崩さないよう、努力あるのみかもしれません。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ(2016年5月にWebアンケート。有効回答数401件。22歳〜39歳の社会人男性)

※この記事は2016年10月22日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE