お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

すまん、結婚はリスケで! 「親に紹介できないな~」と思う彼女の特徴・6つ

ファナティック

長く付き合っている恋人がいるのに、彼から結婚の「け」の字も出ない、と悩んでいる人はいませんか? もしかしたらそれは、彼が「親に紹介するのはちょっとな~」と思っているからかもしれません。そんな女性にはどんな特徴があるのか、男性のみなさんの意見を聞いてみましょう。

挨拶ができない

・「挨拶がろくにできず、礼儀がなってない人」(33歳/その他/販売職・サービス系)

・「挨拶ができない人はダメだと思う」(36歳/食品・飲料/事務系専門職)

一番多かったのが「挨拶ができない」という意見でした。挨拶は社会人としての基本的なマナーでもありますよね。簡単な挨拶もできないようでは、彼も親に紹介するのをためらってしまうようです。

敬語が使えない

・「敬語での受け答えがしっかりできない」(32歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「一般常識がなくて敬語が使えない人」(35歳/自動車関連/技術職)

「敬語が使えない」という意見も多数ありました。会社の先輩や上司にタメ口で話しているような女性は、男性も敬遠するようです。普段から敬語が使えるようにしておきたいですね。

髪の毛を派手に染めている

・「髪を染めている。遊んでいそうな雰囲気がでている」(39歳/その他/事務系専門職)

・「髪の毛の色が金髪であったり、気張ったファッションをする女性」(37歳/機械・精密機器/技術職)

「髪の毛を染めている」という意見もありました。髪の毛をカラーリングしている女性は多いですが、派手すぎる色はNGのよう。彼の親ウケがいいのは、やっぱり黒髪や暗めの茶髪なのかもしれませんね。

化粧が濃い

・「不潔な感じで化粧が異常に濃い子」(39歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「化粧に気合いを入れてくる。よく見せようという気持ちは見えるが、逆効果だと思う」(38歳/医療・福祉/営業職)

彼の両親に会うとなったら、化粧はきちんとしておきたいですよね。でも「気合いを入れすぎるのは逆効果」という声もありました。あまり盛りすぎず、ナチュラルメイクにしたほうがいいようです。

喋らない

・「第一印象が良くない。喋らない。暗い感じ」(39歳/機械・精密機器/技術職)

・「人見知りが激しい。笑わない。いやな顔をする」(38歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

人の性格はさまざまですが、あまりしゃべらない女性も「第一印象がよくない」と不評のよう。人見知りするのは仕方ないとしても、笑顔でいることを心がけるだけでも、だいぶ印象が変わりそうですね。

会話ができない

・「基本的な挨拶や会話のキャッチボールができない」(35歳/情報・IT/技術職)

・「まともな受け答えができないなど、言葉使いに難がある人間」(34歳/学校・教育関連/技術職)

会話のキャッチボールができないと、コミュニケーションが難しいので「親に紹介するのはちょっと……」と思われるようです。言葉使いも含めて、初対面でも会話が弾むような気使いが大事なポイントといえそうです。

まとめ

「親に紹介するのはちょっとな~」と思ってしまう彼女の特徴について、男性のみなさんからさまざまな意見が寄せられました。挨拶などのマナーから、化粧の濃さなどの見た目まで、女性が気をつけるべきポイントは多数あるようです。彼に結婚を意識してもらうためにも、これらの意見を参考にしてみてくださいね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年10月13日
調査人数:125人(22~39歳の男性)

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE