お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

【保存版】絶対外さないデート服まとめ

ファナティック

好きな人が自分のことをどう思っているのか、誰しも気になるものですよね。だけど直接相手に聞く勇気のない人も多いはず……。でも実は「デート時の服装」から相手の本気度を探ることができるのを知っていますか?

「勝負下着」という言葉があるように、男性にも女性にも本命とのデートだからこそ着る「服装」があるのだとか。そこで今回は異性ウケを狙って男女が着ているという「デート服」についてアンケートを実施。それぞれ「本命デートでしか着ない!」という服装を紹介します。

さらに、実際にそれらの服装に対する異性の本音も聞き取り調査。果たして「本命デートで着ていく服」と「異性ウケのいい服」は一致しているのか? そちらもあわせてご紹介します。

■男女別! 「本命デート」で着ていく服とは?

まず初めに、本命相手とのデートで着ていく服とはどんな服なのでしょうか? 男女それぞれに聞いてみたところ、以下のようなことが分かりました。

Q.本命デートで着ていく勝負服は?

♂男性の場合
・シンプルな服装
・体型が細くみえる服装
・ワンポイントにこだわる
・同一ブランドで統一

♀女性の場合
・ワンピース
・スカート
・お気に入りのファッション
・やわらかい色合いで統一
・セクシー系
・あえてカジュアル

※『マイナビウーマン』にて2016年2月にWebアンケート。有効回答数813件(22~34歳の働く男性)

●男性の勝負服4パターン

(1)シンプルな服装

20161217173739533_500-jpgutm_sourcewoman-mynaviutm_mediumreferralutm_campaignsp

・「変にテクニカルなことをせずに、スタンダードにいく」(31歳/生保・損保/事務系専門職)

・「超がつくほどのノーマルな服を着ます。アクセサリー等は好みがあるので引かれたら困るのでしません」(26歳/警備・メンテナンス/販売職・サービス系)

・「奇抜や派手なのではなく、シンプルなありのままであること」(28歳/その他/その他)

まず挙がったのは、シンプルでスタンダードなファッションをするとうもの。誰がしても似合うスタイルなだけに面白みはありませんが、たしかに女性ウケはよさそうですね。スタイルのいい男性であれば、洗練された印象を与えるかもしれません。

(2)体型が細くみえる服装

20161228172939979_500-jpgutm_sourcewoman-mynaviutm_mediumreferralutm_campaignsp

・「体型がスリムに見えるような服や、ラフだけどかっこよく見える服装を意識している」(34歳/その他/その他)

・「ラフな格好より、細身のジャケットやパンツなど、キレイな格好を心掛けている」(29歳/医療・福祉/販売職・サービス系)

・「シルエットはなるべくスマートになるようにコーディネートしています」(29歳/その他/販売職・サービス系)

スマートでクールな印象を与えたい男性陣は、全体のシルエットが「シュッ」と細身に見えるようにコーディネートしているようです。確かにダボダボな格好は、だらしない印象を与えがちかも。

(3)ワンポイントにこだわる

20161026161228269_500-jpgutm_sourcewoman-mynaviutm_mediumreferralutm_campaignsp

・「アウターやシャツなどに入るちょっとした差し色や裏地に気を遣う」(32歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「落ち着いて紳士的な服装。全体的に地味だけどポイントを一つ入れておく」(32歳/医薬品・化粧品/専門職)

女性ウケを狙ってシンプルになりすぎると無個性になりやすいのが男性ファッションです。そこでオシャレに自信のある男性は、目立たない場所にワンポイントこだわりを入れているよう。細部にこだわりのあるファッションは、大人の遊び心や余裕が感じられて好印象ですよね。

(4)同一ブランドで統一

20160523015027036_500-jpgutm_sourcewoman-mynaviutm_mediumreferralutm_campaignsp

・「色の系統を合わせたり同一のブランドで合わせる、なるべくジャケットを着てだらしなく思われないようにする」(27歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「とりあえず、マネキン買いをしている。かっこいいと思うファッションを」(28歳/情報・IT/技術職)

女性ウケ間違いなしのコーディネートを自分で考えるのは難しいもの。そこで、同一ブランドのアイテムを身に着けて全体に統一性を持たせる、という人もいました。そのほか、お店の人がコーディネートしたマネキンの服装を全身真似するというツワモノも。オシャレが苦手な男性はプロのコーディネイトに任せるのもアリですよね。

※『マイナビウーマン』にて2016年2月にWebアンケート。有効回答数813件(22~34歳の働く男性)

続いて、女性が本命デートで着ていく勝負服を見ていきましょう。

●女性の勝負服6パターン

(1)ワンピース

9199706_20_d_500-jpgutm_sourcewoman-mynaviutm_mediumreferralutm_campaignsp

・「鉄板な洋服だと思うから。特に白がいい」(30歳/小売店/販売職・サービス系)

・「無難だから。清楚に見えるし、かわいい」(31歳/医療・福祉/事務系専門職)

※『マイナビウーマン』にて2016年5月にWebアンケート。有効回答数147件(22~34歳の働く女性)

清楚で可憐な印象を与えられる「ワンピース」は男性ウケもいいはず。そのため「ワンピース」をチョイスするという意見が一番多く見られました。また、1枚着るだけでファッションとして成立するので、コーディネートがしやすいという意見も。

(2)スカート

20161207153535233_500-jpgutm_sourcewoman-mynaviutm_mediumreferralutm_campaignsp

・「決めすぎずにグレーのフレアスカート。スカートにヒールで女子をアピール」(29歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「自分に似合う丈と色のスカートをはくことが多い。スタイルアップして見えるし、似合う色は自分を魅力的に見せてくれるから」(28歳/金融・証券/事務系専門職)

・「スカート。なんだかんだいって好きだと思うので」(26歳/医療・福祉/専門職)

※『マイナビウーマン』にて2016年11月にWebアンケート。有効回答数147件(22~34歳の働く女性)

丈や色を変えるだけで自由自在にイメージが作れるスカートは勝負服としてもぴったり。裾がフワッと広がるフレアスカートは、トップスにタイトな服を合わせることでスタイルもよく見えるので一石二鳥です。

(3)お気に入りのファッション

20170111220423592_500-jpgutm_sourcewoman-mynaviutm_mediumreferralutm_campaignsp

・「自分のお気に入りの服を着る」(24歳/情報・IT/技術職)

・「一番お気に入りの花柄のワンピースなど」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

※『マイナビウーマン』にて2016年11月にWebアンケート。有効回答数147件(22~34歳の働く女性)

本命とのデートはやっぱり自分のお気に入りのファッションで! という人も。下手に気合いを入れて失敗するよりも、安定感は抜群で無難かもしれませんね。

(4)やわらかい色合いで統一

20160726130341464_500-jpgutm_sourcewoman-mynaviutm_mediumreferralutm_campaignsp

・「白をベースにして、ふわふわでかわいい素材や形を選ぶ」(30歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

・「白。爽やかで柔らかさが出るのは白だから」(33歳/生保・損保/事務系専門職)

・「顔が少しでもキレイに見えるように色に注意する」(23歳/不動産/事務系専門職)

・「春らしい明るい色の服が男受けがいいと思うから」(26歳/医薬品・化粧品/技術職)

※『マイナビウーマン』にて2016年5月にWebアンケート。有効回答数147件(22~34歳の働く女性)

ピンクや白など、やわらかい色の服を選ぶという意見も多数見られました。顔色を明るく見せ、優しい印象を与えることができるカラーを取り入れるのは重要ですよね。

(5)セクシー系

20160712134524501_500-jpgutm_sourcewoman-mynaviutm_mediumreferralutm_campaignsp

・「オンナを意識させたいので、ちょっと露出する」(29歳/機械・精密機器/技術職)

・「大人の色気を演出すれば相手も食いついてくるかもしれないから」(34歳/小売店/販売職・サービス系)

・「ひらひらした服は重要で、また、完全防備の露出なしより少し露出感を出す。下品な露出はなしですが」(33歳/小売店/販売職・サービス系)

※『マイナビウーマン』にて2016年5月にWebアンケート。有効回答数147件(22~34歳の働く女性)

タイトで体のラインが出る服や、ちょっと露出のある服を着るという人も。見えそうで見えないチラリズムで、気になる男性をドキドキさせる作戦のようです。

(6)あえてカジュアル

20160901121030971_500-jpgutm_sourcewoman-mynaviutm_mediumreferralutm_campaignsp
・「気張ったおしゃれはしないでいく」(34歳/情報・IT/技術職)

・「パンツスタイルに少しだけフェミニンなディテールのトップスを合わせます」(33歳/医療・福祉/その他)

・「いつもそこそこカジュアルなのだが、やっぱり自分らしい服装じゃないと不自然な感じがするし、それを受け入れていくれる人しか好きにならないから」(34歳/医療・福祉/専門職)

・「あまり特別感を出すと必死だと思われてしまうので、いつも通りのよそ行きの格好で行く」(25歳/食品・飲料/専門職)

※『マイナビウーマン』にて2016年2月にWebアンケート。有効回答数203件(22~34歳の働く女性)

パンツにシャツなど、あえてカジュアル系の服をチョイスするという人もいました。理由は気取っていると思われないため。普段しないような格好は、「落ち着いてデートを楽しめなそう」という回答も挙がりました。

男性陣も女性陣も、色々と考えてデート服を決めてることが分かりましたね。ここからはお待ちかね、「ほんとうに異性ウケのいいデート服」について、アンケート結果を見ていきましょう。

次ページ:季節別! 異性ウケのいい服装とは

お役立ち情報[PR]