お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

いくら好きでもココだけは直してくれないと絶対結婚したくない女性の言動10

ファナティック

結婚するとささいなクセや言動、生活習慣の違いがいちいち気に障り、それが原因でケンカしてしまう夫婦も多いもの……。社会人男性が思う、「ココだけは直してくれないと結婚したくないと思う彼女のクセや言動、生活習慣」とは? 調査してみました。

部屋の掃除、整理整頓、ゴミ出しはしっかりしてほしい

・「ゴミが捨てられないのは論外。最低限の整理整頓はやってほしい」(32歳/その他/事務系専門職)

・「床を生活のスペースにしてるので、床にゴミやリモコンやスマホを置きっぱなしにする。取り込んだ洗濯物のハンガーが床に放置されている」(30歳/医薬品・化粧品/技術職)

・「部屋の掃除をすると言っているのにいつまでもしない」(30歳/医療・福祉/専門職)

夫婦生活で一番もめ事に発展しやすいのが「家の汚さ」。子育てに仕事に家事にとなると、手が回らず家の中がゴミや物であふれかえりがちですが、こうなるとストレスが倍増! 夫婦2人で協力して、家の中をキレイに保ちたいですよね。

金銭感覚はきちんとしてほしい

・「買い物のときに値段を見ずに、好きなものを買うクセ」(33歳/小売店/販売職・サービス系)

・「金遣いが荒くて、無駄なものをどんどんクレジットで買う人」(30歳/金融・証券/営業職)

・「金遣いが荒く、貯金を食いつぶしてしまう」(34歳/建設・土木/事務系専門職)

金遣いが荒い女性をパートナーに選んでしまうと、貯金をするそばからどんどん使われてしまい、いつまでたっても生活は苦しいまま。また子どもができたり、家を建てたりするのには多額のお金が必要ですよね。金銭感覚だけはしっかりしてほしい?

イライラする癖はやめてほしい

・「寝起きが悪くて朝からイライラされてると愛情も冷めてしまいます」(34歳/建設・土木/技術職)

・「ちょっとしたことで抗議するクレーマー的な言動」(30歳/マスコミ・広告/事務系専門職)

結婚すると生活環境が一変することでストレスもたまりがちに。ただ発散相手に旦那さんを選んでしまうと、ストレスのぶつけ合いになり悪循環が怒りそう!? 今の内から一人でできる、いいストレス発散方法を見つけておくのは大事かもしれませんね。

異性との付き合いが派手なのは勘弁

・「異性の交流が多い。浮気や不信感を募らせるものになるから」(34歳/小売店/販売職・サービス系)

・「他の男性に簡単についていったり、簡単に家にあげるのは勘弁してほしかった」(33歳/学校・教育関連/事務系専門職)

気の置けない仲間だとしても、結婚してからの異性との付き合いは何かと心配のタネになることが……。独身時代と同じように、異性と派手に遊ぶのはやっぱり厳禁? 結婚してからの友だちは、ほどよい距離感を置いて付き合える人じゃないと難しいですよね。

結婚すると今までの生活が一変。思うようにいかないことも増え、当然ストレスはたまるし、夫婦の間で起こるケンカは当然増えるもの。ここをうまく乗り越えるには、まず上記の癖や習慣を直しておくのが早道なのかもしれません……。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2016年6月にWebアンケート。有効回答数201件。25歳〜34歳の働く男性)

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE