お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

男性の本音がさく裂! 正直面倒くさいと思う「女性の○○」6つ

ファナティック

男性と女性の生態には、さまざまな「ちがい」があると言われています。異性がどうして○○するのか……理解できなくて思わずケンカに! こんな経験がある方も少なくないかと思います。女性にとっては当然のアレも、男性にとっては実は「面倒くさくてたまらない!」なんて可能性も……。女性の行動に対して正直面倒だと感じる瞬間を、赤裸々に語ってもらいました。

■準備時間

・「出かける前の準備に時間がかかること」(36歳/機械・精密機器/技術職)

・「女性の化粧。毎日する必要はあるのか」(32歳/その他/事務系専門職)

さぁ出かけよう! となっても、延々と続く女性たちの準備時間。服を選びメイクをして、髪を整えて……なんてしていると、あっという間に時間が過ぎ去ってしまいます。特にせっかちな男性にとっては、「待つのも面倒!」とイライラしてしまうのかもしれませんね。

■ながーい買い物

・「女性の買い物を付き合うこと。長いし、ずっと迷っているし、早くしてほしい。待っているこっちが疲れる」(33歳/情報・IT/技術職)

・「女性の買い物。お目当ての物以外の物にもいちいち反応して、買い物が進まないこと」(30歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

女性の買い物といえば、とにかく長い! という特徴があります。アレコレと悩む時間も楽しいはずなのですが、男性にとってはちがうよう。面倒くさそうなそぶりが見られたら、いったん別行動を提案するのもオススメです。

■とりとめのないおしゃべり

・「特に意味のない会話を要求してくること」(39歳/情報・IT/技術職)

・「他愛ない雑談、オチのない会話」(31歳/運輸・倉庫/営業職)

意味がないように思えるかもしれませんが、女性にとっては「会話をする」ということ自体がコミュニケーションになります。内容うんぬんではなく、楽しい会話を重ねた回数こそが重要なのですが……男性にはなかなか理解できないようです。

■好き?

・「『私のことが好き?』『何していたの?』などの愚問を毎回してくること」(39歳/警備・メンテナンス/営業職)

・「仕事と私どっちか聞いてくる」(32歳/自動車関連/その他)

「面倒くさいんだろうなぁ」なんてうすうす感づいていても、聞かずにはいられないひと言なのでしょう。こんな言葉を口にしたくなるのは、なにか不安があるからこそ。ズバリ不安をぶつけたほうが、スッキリできるのでは?

■女性同士の関係

・「女性独特のガールズトークは本当に面倒ですし、女性同士のチームワークも面倒ですね。敵に回せば全部が追随するでしょうから」(39歳/自動車関連/技術職)

・「嫉妬。女性の世界の嫉妬やうわさは怖い。お局は怖い。関わり合いを持ちたくない」(36歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

男性と比較して、ドロドロが多いと言われる女性同士の関係について、「ぶっちゃけ面倒!」と思うのも無理はないと言えるでしょう。男性よりも実は女性のほうが「面倒!」と思っているのですが……世の中には、どうにもならないこともありますよね。

■生理

・「生理中のイラつき。男には絶対にわからないものだから」(34歳/その他/販売職・サービス系)

・「生理。デートやエッチ、旅行などに影響するものなので」(32歳/運輸・倉庫/営業職)

こればかりは、女性にもどうにもならない問題で、「面倒」と言わずに理解していただきたいものです。ネガティブな気持ちを少しでも顔に出されたら、やはり女性は傷つきます! 恋が冷める原因にもなりますから、注意してください。

■まとめ

男性がぶっちゃけ面倒と思う瞬間について、「なるほど」と思う点もあれば、「そこは理解して!」という点もあったかと思います。とはいえ、「こんなところは面倒くさいと思われやすい」と頭に入れておくだけで、お互いに理解できる点も増えるのかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年10月3日~2016年10月4日
調査人数:382人(22~39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]