お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

【実録】もう限界! ドン引きした「ありえない束縛男性」6選

ファナティック

嫉妬したりすると、恋人のことをつい束縛したくなりますよね。ですが、誰かに束縛されるのはイヤなもの。過剰に束縛してくる男性にドン引きした女性もいるのでは? 今回は、実際にあったケースをまとめました。

■メールの返信が待てない

・「メールの返信が遅いと電話がかかってくる」(28歳/情報・IT/事務系専門職)

・「メールにはすぐ返信。『電話にもすぐ出ろ』とウザい」(28歳/不動産/秘書・アシスタント職)

メールの返信を待つ時間に耐えられないのか、返事が遅いだけで電話がかかってくるのですね。

■居場所を報告させる

・「ちゃんと家に帰ったかどうかチェックするために、家に帰ったら『家の固定電話から電話してこい』って言われた。どんだけ疑ってるんだか」(32歳/建設・土木/事務系専門職)

・「どこかに出掛けるときには、必ずどこへ行くか連絡をすることを約束させられたことがある」(27歳/医療・福祉/専門職)

デート後など自分と一緒にいない間、彼女がどこにいるのか気になりすぎて、彼女に現在地を報告する義務を持たせる男性も。

■会社の付き合いをイヤがる

・「会社の飲み会に参加するのも禁止しようとしてきた人がいた。『飲み会に同僚男性がいることがイヤだ』と言っていたけれど、しょうがないじゃないと思った」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「会社の付き合いで異性と笑顔で話していたら怒られた」(29歳/ソフトウェア/技術職)

たとえ女子大でも男性は出入りしますし、会社の付き合いで男性と話すのは仕方ないですよね。

■写メを送らせる

・「彼氏以外の人と外出したときは、一緒に出掛けた人と写真を撮り、必ず彼氏に送らなければならない。相手が男性じゃないか確認したいから」(29歳/ソフトウェア/技術職)

・「友人と遊ぶときは、逐一何をしているか写メを送らないといけない」(25歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

たしかに彼女が友だちと遊んでいるという、証拠写真をほしがる男性も。息が詰まりますね。

■女友だちとの交流をイヤがる

・「女友だちともメールや電話をしてはいけないと言う人」(30歳/小売店/販売職・サービス系)

・「女友だちと出掛けるだけで追求しまくってくる」(25歳/情報・IT/事務系専門職)

彼女が女友だちと遊ぶことすらイヤがる男性もいるようです。さすがにやりすぎと言われてしまっても仕方がないかも。

■メールは毎日!

・「毎日のメールを強要されて、行動を報告させられたこと」(25歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「1日1回は自撮りの写メを送らないといけない」(29歳/ホテル・旅行・アミューズメント/事務系専門職)

特に何もない日でも、その日あったことをメールしなければならない決まりもあったようです。

■まとめ

また、「10分おきに電話して彼女の所在確認をしてる男性がいた」(31歳/金融・証券/事務系専門職)という報告も。いくらルックスなどがよくても、こう嫉妬深い相手では疲れてしまいそうですね。みなさんにも束縛された経験はありますか?

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年9月21日~9月26日
調査人数:128人(22歳~34歳の女性)

お役立ち情報[PR]