お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 カップル

コイツはねーな! 合コンでドン引きする「女性の自己紹介」6つ

ファナティック

知らない人同士が顔を合わせる合コン。最初に自己紹介タイムがあると、今後の会話のネタも仕入れられるし、ターゲットも絞りやすくなりますよね。今回は、合コンでドン引きしてしまう女性の自己紹介について、働く男性たちに聞いてみました。

 

■ウケ狙い

・「ウケ狙いや天然を意識しまくった自己紹介は少し引いてしまうかもしれません」(25歳/医療・福祉/専門職)

・「やたらと下ネタなどを絡めて笑いを取ろうとしてくる」(29歳/建設・土木/技術職)

おもしろいことを言おうと意識しすぎるあまり、滑りまくった自己紹介。ウケを狙いすぎた自己紹介は、見ているほうが痛々しい気持ちになることも。最初はサラッと自己紹介しておいたほうが、あとあと話も盛り上がりそうです。

■デキる女アピール

・「私はできる女アピールばかりをしてまわりの人を見下す人」(24歳/その他/販売職・サービス系)

・「私はできますアピールが強すぎる」(29歳/その他/その他)

自己紹介の段階でほかの女性だけでなく、男性までも敵に回してしまいそうな「デキる女」アピール。偉そうな態度が鼻につくということで、この人はナシだなとドン引きする男性も多そうです。

■やる気がない

・「出だしからテンションが低かったり、やる気のない姿勢を見せる人」(38歳/マスコミ・広告/事務系専門職)

・「明らかにタイプじゃないなと露骨に顔に現れてやる気のない自己紹介」(31歳/その他/その他)

合コンのメンバーが自分好みでなければ、やる気にならないのも仕方ないかもしれません。ただ、自分だけテンションが低いと、まわりの人をシラケさせてしまいそう。

■アイドル風

・「アイドルみたいにキャッチフレーズを持ってる女性」(38歳/その他/その他)

・「今風のアイドルっぽく自己紹介する人」(35歳/その他/その他)

ニックネームやキャッチフレーズ付きでの自己紹介。アイドルでもあるまいしということで、「やりすぎだな」と感じる男性もいるようです。学生のころならまだしも社会人としては、軽すぎる印象があるのかもしれません。

■いきなり好きなタイプを言う

・「聞いてもない自分のタイプとか真っ先に言う人」(31歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「自己紹介で好きな男性のタイプをカミングアウトしてしまう。いきなりカミングアウトされると困るからです」(26歳/その他/その他)

自分の好きなタイプの男性をズバリ言ってしまう。その場にピッタリな男性がいれば盛り上がるかもしれませんが、そうでなければ場の雰囲気も微妙になりそう。男性たちも自分が対象外かと思うと、テンションが下がってしまいますよね。

■話し方がギャルっぽい

・「文節ごとに語尾が長く伸びる話し方をする人。うっとうしいと思うから」(38歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「やたらとギャルっぽい言葉を使う子」(38歳/医療・福祉/専門職)

かわいいと思ってくれる人もいるかもしれない、ギャルのような口調。ただ、大人の女性には似合わないし、下手をすれば頭が悪そうに思われることも。話し方や言葉づかいで第一印象が悪くなることもあるので、気をつけたいですね。

■まとめ

自己紹介で自分をアピールすることは大事ですが、やる気が出すぎていたり、逆にやる気がなさすぎると逆効果に。自分を印象付けることは大事ですが、悪い印象だと合コンも失敗に終わりそうです。今後の合コンのために、自分にピッタリの自己紹介を探してみるといいのではないでしょうか。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年9月21日~9月22日
調査人数:342人(22歳~39歳の男性)

お役立ち情報[PR]