お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 カップル

「本命の男」と「2番目の男」が決定的にちがうこと・6つ

ファナティック

好きなものにはつい順番をつけてしまいませんか? 中でも恋人は基本的には1人だけしか選べませんから、本命じゃないとなると2番目ということに。さて、女性が思う、「本命にしたい男性」と「2番目になってしまう男性」のちがいとは?

■やさしいだけなら2番目

・「やさしいだけの男性はいいように利用してしまい、刺激もないので2番目。刺激があり、相手のためにこちらががんばりたいと思える人は本命」(32歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「2番目は誰にでもやさしい男性」(33歳/不動産/その他)

人にやさしくするとそれなりにいいこともありますし、本心からの行動なら何も問題はありません。ですが、多くの人に気に入られようとして誰にでもやさしくしている男性は少し魅力に欠けますね。

■なんでも聞くと2番目

・「なんでも言うことを聞いてくれるような都合のいい男性は大事にされない」(30歳/その他/事務系専門職)

・「なんでも相手の言うことを聞いてしまって主体性がないと2番目止まりだと思う」(31歳/その他/クリエイティブ職)

相手の言うことをなんでも聞くのは大変なことですよね。それでも言うことを聞いてしまう人は、自分を大切にしていなさそう。よって、まわりからもそれなりの扱いを受けることに。

■結婚したければ本命

・「結婚したいぐらい好きになれるかどうか」(34歳/その他/事務系専門職)

・「結婚を考えられるかどうか。彼氏止まりかそうでないか」(26歳/医療・福祉/秘書・アシスタント職)

誰かと結婚するのは大変なことですよね。ですが、そうしてもいい、ぜひそうしたいと思える人がいるなら、本命の男性ということではないでしょうか。恋人以上の関係を望みます。

■価値観が合えば本命

・「価値観が合うか合わないか、これにつきる」(27歳/医薬品・化粧品/営業職)

・「価値観が合えば本命。普通に仲よくできれば2番目」(33歳/医薬品・化粧品/技術職)

趣味や金銭感覚、結婚願望の有無など、自分と価値観の合った人は探すとなかなかいないかもしれませんね。もしこれはという男性に出会えたら、本命になる可能性が大。

■後回しになるのが2番目

・「タイミングが悪い人は後回しになりがち。あと自分をまちがいなく好きで、ちょっとやそっとじゃきらいにならないとこっちが確信できる男」(28歳/医療・福祉/専門職)

・「2番目は、やっぱり考えるにしても後になる」(33歳/医療・福祉/専門職)

完全に自分のことが好きだとわかっている相手は、放っておいても自分のことを好きなままですよね。そういった理由で何かと後回しにされる人は、やはり2番目になります。

■信用できれば本命

・「はっきりしない男は2番目になる」(34歳/その他/その他)

・「本命は、自分の都合の悪い部分もさらけ出せる人。2番目は、都合の悪い部分は出さないし出したくないと思う人」(28歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

自分のことが好きかどうかわからない人よりも、相手の気持ちはともかく、自分のいろいろなことを受け入れてもらいたいと思える男性のほうが信頼できますよね。

■まとめ

誰しも好きな人の本命になりたいと願ったことがあるかもしれませんが、こういった点で2番目になることが多いようです。好きな相手の気持ちにすり寄りすぎないよう、気をつけたほうがよさそうですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年9月27日~9月29日
調査人数:119人(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]