お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 結婚

女性が「結婚したくない!」と思う男性の条件、圧倒的1位は……?

ファナティック

「結婚相手に絶対選びたくない人」の条件はいろいろありますが、女性からもっとも嫌われやすい条件といえば? いつまでも結婚できないこと間違いなしな「女性から嫌われやすい癖や習慣」について、働く女性に調査してみました。

Q.女性に質問です。一番結婚相手にしたくないと思う異性の条件は?

1位 ギャンブル好き……44.4%
2位 浪費家……18.7%
3位 マザコン、ファザコン……9.1%
4位 子ども嫌い……8.1%
同率5位 喫煙者/どケチ……5.3%
7位 潔癖症……3.8%
8位 家事ができない……1.9%
9位 ズボラ……0.5%
※その他を除く

今回圧倒的大差で女性から敬遠されていたのが「ギャンブル好き」な男性でした。ギャンブルは中毒性が高く、一度はまるとやめられなくなるイメージが強いですよね。同じ家庭を持つにはリスクが高すぎる習慣かも? その他、それぞれの理由を聞いてみましょう。

■ギャンブル好きは借金や依存症など、トラブルの原因に

・「ギャンブル好きだと勝手にお金を使い込んだり、借金する恐れもあるし、一度はまるとなかなか辞めてくれないと思うから結婚相手にはしたくない」(30歳/その他/秘書・アシスタント職)

・「やっぱりギャンブルは依存性もあり、借金を抱えたり、また負けると精神的にイラついて配偶者にあたったりすることもあるので」(34歳/医療・福祉/その他)

女性がなぜギャンブルを敬遠するかというと、借金や依存症など家庭トラブルの原因を生み出しやすいから。本人の趣味嗜好だけでおさまらず、家庭を巻き込みそうで怖い習慣ですよね。

■浪費家も家庭トラブルを生みやすい?

・「お金の使い方に問題がある人とうまくいく訳がない。お互い浪費家ならいいけど、片方が我慢するのとかあり得ない」(31歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「浪費家は、ギャンブルも含まれるであろうし、私欲がコントロールできない人は他の生活スタイルにも影響がありそうだから」(32歳/医療・福祉/専門職)

またギャンブルに次いで敬遠されやすいのが、金銭トラブルに発展しやすそうな「浪費家」。浪費も「自分一人の楽しみ」や「自分一人の問題」だけでは済まなくなる、危険な癖かも?

■マザコン、ファザコンは嫁姑問題の元

・「嫁姑問題でもめたくない。旦那には、1番の味方でいてほしいから」(29歳/医療・福祉/専門職)

・「嫁姑問題で、妻を責めそう。妻の味方しなそう」(27歳/医療・福祉/専門職)

結婚してから女性が何より恐れるのが嫁姑問題。自分の味方しかいない、安心して落ち着ける場所なはずの家庭で孤立無援になるのだけは避けたい!

■子ども嫌いだと家庭がそもそも築けない

・「育児を一緒にできないなんて悲しい。産まれてくる我が子にも冷ややかなんて耐えられない」(34歳/自動車関連/秘書・アシスタント職)

・「自分が将来子どもがほしいと思っているのでその夢が根底から覆されるから」(28歳/その他/事務系専門職)

パートナーが子ども嫌いだと、健全な育児や家庭を築くのがそもそも難しいもの。子どもの心への影響力も大きそうで、なるべく避けたいパートナーですよね。

■地味にきつそうな喫煙者

・「他にも嫌なことはたくさんありましたが、タバコは個人的にも嫌だし百害あって一利なしなので」(27歳/医療・福祉/専門職)

・「タバコのニオイが大の苦手なので」(29歳/その他/販売職・サービス系)

地味に精神的ダメージを受けそうなのが喫煙者のパートナーかも? もちろん相手の健康のためにも、なるべく持っていてほしくない習慣です。

■相手がどケチだと心が疲れる

・「自分のとこにお金は使うが、家族や奥さんのために出し惜しみする人は人間を見てしまう」(34歳/通信/販売職・サービス系)

・「ケチも度がすぎると疲れるし引く」(31歳/学校・教育関連/事務系専門職)

必要最低限のものもそろえられなかったり、極端な節約を求められてウンザリしたりしそう……なのがどケチなパートナー。ケチと節約は違うことをわかってほしい!

これから結婚を考えている相手にこれら条件が1つでもあると「結婚そのものを考え直した方がいいかも」と思う位、女性にとっては重大な内容。直すのが難しい癖や習慣ばかりだけに、相手にコレを見つけたら「決断は慎重に」した方がいいのかもしれません……。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2016年6月にWebアンケート。有効回答数205件(25歳~34歳の社会人女性)

お役立ち情報[PR]