お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

私って、幸せ者っ! 「愛されている」と感じる彼の言動・6つ

ファナティック

彼からの愛情が実感できると「付き合っていてよかった」とも思えるし、自分も彼にたっぷりと愛情を注いであげようと思えますよね。日ごろの言動や自分への態度でわかる彼の愛情。今回は、女性たちが「彼に愛されている」と実感できるのはどんなときなのかについて聞いてみました。

■無理をしてでも時間を作ってくれる

・「自分のためにきつくても時間がなくても会いに来てくれたり、私を喜ばせようと好きなものを買ってきたりしてくれること」(27歳/医療・福祉/専門職)

・「呼び出したら時間を作って来てくれること。好かれてないと来てくれないと思うから」(33歳/不動産/専門職)

忙しい時間の合間を縫って自分に会いに来てくれる。仕事で疲れていることがわかっているだけにありがたい気持ちと愛されているという実感がわいてくる瞬間ですよね。彼にとっても二人でいる時間が癒しになっているのかも。

■料理を作ってくれる

・「家に行ったときに、手料理を振舞ってくれる」(29歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「たまに彼が料理を作ってくれるとき。最初は下手だったけど、どんどん上手になっておいしい」(32歳/学校・教育関連/事務系専門職)

料理を作る手間というのは、実際に自炊をしている女性ならよくわかるはず。めんどくさがり屋な男性が自分のために手料理を振る舞ってくれるとやさしさと思いやりをたっぷり感じることができそうですね。

■体調が悪いときに看病してくれる

・「具合の悪いとき、一晩中起きて見守っていてくれた」(32歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「具合が悪いときにいろいろ世話してくれると愛を実感する。腹痛に襲われ、家事・育児どちらも手が回らなかったときには、なんでも対応してくれて心強かったことがある」(33歳/生保・損保/医務系)

体調が悪いときは体だけでなく、気持ちも弱っているものなので彼の気遣いに感動しそう。看病してくれたり、自分の代わりに家事をやってくれると大事にされていると思えてうれしくなりますよね。

■やさしく抱きしめられる

・「彼にやさしくハグされると愛を実感できそう」(33歳/アパレル・繊維/事務系専門職)

・「しっかり抱きしめられ、見つめられる。彼の愛を感じるから」(29歳/学校・教育関連/専門職)

何でもないときにギュッと抱きしめられるだけでも彼が自分のことを愛してくれている気持ちを感じられそう。愛しくてたまらないという風に抱きしめてくれると、彼にとって大切な存在だと実感できそうですね。

■サプライズ演出

・「サプライズを演出してくれたとき」(26歳/建設・土木/事務系専門職)

・「サプライズ。わざわざ私のために時間を割いて考えたり、準備してくれたのかなと思うと愛されてるなあと思う」(25歳/農林・水産/事務系専門職)

サプライズについては賛否両論ありそうですが、自分のためにいろいろと考えたり、時間を作ってくれるという気持ちはうれしいもの。何をすれば喜んでもらえるのかと一生懸命考えている姿を想像するだけでキュンとしてしまいそうですね。

■気持ちを理解してくれる

・「自分の悩みを親身になって聞いてくれたときです。悲しそうな顔をしているところを見ると特に思います」(33歳/ソフトウェア庁/事務系専門職)

・「つらいときに、何も言わなくても察してくれる」(29歳/ホテル・旅行・アミューズメント/事務系専門職)

悩みを聞いてくれたり、ツラさを理解してくれる彼。自分のことをわかってくれていると思うと、この人と付き合っていてよかったと思えそう。解決できなくても共感を示してくれるだけでうれしくなりますよね。

■まとめ

付き合いが長くなってもしっかりと彼からの愛情が感じられればマンネリに陥ることもなく、いい関係が続けられそう。照れ屋な男性だと愛情を言葉や態度で表せなかったりもしますが、だからこそそれが感じられるとうれしいですよね。女性の中にも恥ずかしくて愛情表現できないという人がいるかもしれませんが、思い切って愛情表現をしてあげると彼に喜んでもらえるかもしれませんよ。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年9月23日~2016年9月28日
調査人数:106人(22~34歳の社会人女性)

お役立ち情報[PR]