お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

男性が浮気するときに「気をつけること」6つ

ファナティック

男性が必ず浮気するものというわけではないですが、実際のところ、男性の浮気で泣かされている女性も少なくありません。絶対に浮気はしないと言い切ってほしいけれど、もしするなら、せめてバレないための気づかいはほしいもの。今回は、働く男性たちが浮気をするときに、気をつけようと思っていることについて聞いてみました。

■彼女と別れる覚悟を持つ

・「バレたときの言い訳。相手の非。別れること」(33歳/運輸・倉庫/その他)

・「今の恋人との別れ。心変わりなど」(27歳/医療・福祉/事務系専門職)

浮気をするときには、今の彼女と別れるくらいの覚悟をしているという男性も。バレたときに許してもらえるという確信はないけれど、浮気心も抑えられないとき、あとがないくらいの意気込みで浮気しているみたいですね。

■証拠隠滅

・「証拠を残さないようにすること」(32歳/その他/その他)

・「携帯の消し忘れなどチェックする」(38歳/その他/その他)

浮気がバレる原因は、証拠を残しているからということが多々ありますよね。彼女にバレないようにするために、完全に証拠を隠滅しておくことに細心の注意を払うという男性も多そう。特に、携帯の履歴などは徹底的に消しておくようですね。

■バレないように必死

・「とにかくバレないようにと必死」(27歳/その他/その他)

・「普段の行動を徹底的にする。おかしな行動を取るとばれる」(37歳/運輸・倉庫/その他)

彼女に浮気を悟られないためにはどうすればいいのかと、とにかく必死になっているという男性も。できるだけ普段と変わらない行動を心がけて、不信感を抱かせないようにするというのが、浮気をしている男性の基本的な注意事項なのかも。

■罪悪感に勝てるかどうか

・「本命の彼女にバレたときの理由や浮気相手と本気で付き合っていけるか先のことを考える。あと本命の彼女に対する罪悪感や今ある物を失う覚悟があるかなど」(27歳/運輸・倉庫/販売職・サービス系)

・「ドキドキと罪悪感と後ろめたさがあるが、冒険のようなドキドキが勝ってしまう」(33歳/その他/その他)

「浮気をしようかな」と思ったとき、浮気をしたことの罪悪感に自分自身が勝てるかどうかを考えるという男性も。ただ残念なことに、罪悪感よりも浮気をすることへの冒険心の方が勝ってしまうという男性も少なくはなさそうです。

■相手選びも慎重に

・「浮気相手が秘密を守れるかどうか」(33歳/情報・IT/技術職)

・「重たくないかどうか。ドロドロになりたくないから」(29歳/運輸・倉庫/販売職・サービス系)

自分がどれだけ気をつけていても、浮気相手の方からバラされてしまえばすべて終わり。浮気をするときに、秘密を守れる口が堅い女性かどうか、慎重に選んでいるようです。

■本気にならないように気をつける

・「浮気はするけど、必要以上に深い関係にはならないように」(28歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「自分の中で決めた一線を越えない。不用意に知られないようにする」(28歳/その他/販売職・サービス系)

浮気はあくまでも浮気。どんなことがあっても、彼女のことが1番なので、浮気相手に本気にならないように気をつけている男性も。気持ちが浮気相手に傾いてしまえば、もはや浮気とは言えませんよね。

■まとめ

浮気をしようと思ったことは1度もないという男性もいますが、それと同じくらい浮気をするために、注意点を心に留めている男性もいるようです。あけっぴろげに浮気しないというのは彼女に対する気づかいですが、もっと前の時点、浮気をする前に彼女への誠意を見せてもらいたいものですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年9月21日~9月22日
調査人数:342人(22歳~39歳の男性)

お役立ち情報[PR]