お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

彼との2ショット、「自分がブサイクに写ってしまった写真は消去する」女性が52%!

ファナティック

彼との楽しい時間を、後で見返しながら思い出すために撮るツーショット写真。ですが「あれ? こんなブサイクだったっけ?」と彼に思われるのは心外ですよね。写りが悪かったツーショット写真を、みんなはどのように扱っているのでしょうか。そこで今回は働く女性の回答をまとめてみました。

Q.彼氏との2ショット、ぶっちゃけ自分がブサイクに写ってしまった写真は消去してる?

消去する……52%

消去しないけどカレには見せない……24%

気にしないので全然見せる……10%

どちらとも言えない……14%

半数以上の女性が、消去すると回答しました。そのような扱いになる理由を聞いてみました。

【消去する】

■きれいな自分だけを残したい

・「2度と見たくないから。スマホならその場で確認して、適当な理由を言って撮り直す」(25歳/正社員/専門職)

・「そんな写真をメモリやHDDに残しておいてもしょうがないから」(35歳/パート・アルバイト/販売職・サービス系)

ブサイクな自分は見たくないという意見です。画像を残しておくとすぐにいっぱいになってしまうHDD。それならきれいな自分だけを残したいですよね。

■現代ならではの問題も

・「見られたくないし、早く消さないと彼がどこかにアップして流通したら恥ずかしいから」(33歳/嘱託・契約社員/販売職・サービス系)

彼がSNSをやっているなら要注意。ブサイクな写真を2人で共有しようものなら、その写真が彼のSNSを通じてほかの人に見られる可能性もあります。彼に見せる前に消してしまうのが得策かも。

【消去しないけどカレには見せない】

■思い出は残したい

・「やっぱり彼にはかわいいと思っててもらいたいので見せないけど、彼が写ってるのは消したくないので残しておく」(28歳/正社員/技術職)

・「彼氏との写真はどんな写真も全部残したいが、自分がブサイクに写った写真は見られたくない」(29歳/正社員/その他)

自分の写真写りがどうであれ、その日その瞬間の思い出であることは事実です。せっかく撮った写真、彼も写っていることもあり、消去するのは勇気がいるのかも。

■その一言が怖いから

・「ブサイク~と言われるのがわかっているから」(27歳/正社員/販売職・サービス系)

好きな人にブサイク呼ばわりはされたくないですよね。「親しき仲にも礼儀あり」を守れない彼の場合は、無理に見せる必要はないかもしれません。

【気にしないので全然見せる】

■それも自分自身だから

・「むしろおもしろがってくれるのがうれしいから」(26歳/正社員/事務系専門職)

・「もう長い間一緒にいるから隠さない」(26歳/正社員/販売職・サービス系)

長いこと付き合っていると、彼も彼女のブサイクな顔くらい見慣れてくるもの。たまたま写真写りが悪いくらいでどうこう思うのは、まだ関係が成熟していない証拠なのかも。

【どちらとも言えない】

■あまり写真に興味がない

・「そもそも写メが嫌いなので撮影をしない」(38歳/派遣社員/事務系専門職)

・「おもしろかったら、そのままにしておくかも」(29歳/公務員・団体職員/事務系専門職)

ことあるごとに写真を撮って思い出を残す人もいれば、写真にそれほどこだわりがない人もいます。その瞬間を楽しめれば、必ずしも画像として残す必要はないのかも。

■まとめ

自分がブサイクに映ってしまった写真について、さまざまな意見が寄せられました。何枚も写真を撮れば、写りの悪い写真も出てきて当然。写真写りを気にするよりも、後から見たときにいい思い出かどうかで、消すか消さないかの判断基準にしてもいいのかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年6月1日~9月28日
調査人数:105人(22歳~34歳の女性)

お役立ち情報[PR]