お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 カップル

そんなの効かないよーだ! 男性が「それムダだから!」と思う女子のモテテク4つ

ファナティック

世の中には「モテテク」なるものがあふれていますが、正直社会人男性から見て「それどうなの!?」と思うものも? そこでいわゆる「こうすれば男性は喜ぶ」などの女性のモテテクで、「それは嘘だ!」「そんなの効かない!」と思うテクについて聞いてみました。

■上目遣いはバカにされた気になる

・「上目遣いや非力アピールなどはここぞというときに温存しておかないと、ばかにされているのかと男性は感じると思う」(29歳/その他/その他)

・「上目遣い、アヒル口、こびたり甘えたりするような口調。男性をばかにしているように感じるから」(31歳/ソフトウェア/クリエイティブ職)

・「上目遣い。上手な人をあまり見た事がない。下手な人がやると気持ち悪い」(32歳/運輸・倉庫/その他)

男性を落とすのに効果的と言われている「上目遣い」ですが、実際やられると「バカにされた!」なんて思うこともあるそう。「男はこうすりゃドキッとするんでしょ」と言わんばかりな行動に見えてしまうのでしょうか。男心もなかなか複雑です。

■スキンシップは若い男性限定のモテテク?

・「スキンシップ。若い頃はよく勘違いしたが、年を重ねるにつれてあざとく感じるようになった」(29歳/自動車関連/その他)

・「ボディタッチ。若い男はひっかかるけどある程度年をとったら見え透いててひっかからない」(34歳/ソフトウェア/クリエイティブ職)

・「男心はある程度の距離感から接してくるのは親近感がわくと思いますが、初対面からグイグイ、お触りしてくるとかだと、逆に警戒心が高くなりますよね。裏があるんじゃないかと思ってしまう」(31歳/運輸・倉庫/販売職・サービス系)

男性も年齢を重ねると恋愛経験値が高くなり、わざとらしい女性のスキンシップには早々引っかからなくなるのだそう。年齢高めな男性は女性の裏事情にも詳しく、テク頼みのアプローチは失敗しやすいよう。

■メールやLINEの駆け引きテクはイライラするだけ

・「返信メールの不安定さ。いつもメールの返信にはある程度どれくらいの時間以内に返信してくると分かってる女性が、即座にメールを返したかと思えば、数時間置いてから返信してみたり、いかにも駆け引きしてるぞ!感が感じられる行動は正直うっとうしいだけ」(29歳/自動車関連/技術職)

・「あえてメールを焦らすとかする子。イライラするだけだから」(29歳/運輸・倉庫/その他)

返信時間を遅らせてじらしてみたり、即レスでびっくりさせたりと、小手先だけのメールやLINEテクはイライラさせるだけだとか。自分の気持ちがある程度相手にバレてる状態だと、このテクは逆効果になりやすいのかもしれませんね。

■「肉じゃがを作れば男が落ちる」は時代遅れ?

・「男性は肉じゃががおいしく作れる女性に魅力を感じるというのは嘘だと思う。自分のまわりで、じゃがいもはご飯のおかずにならないという理由で肉じゃがが嫌い、という男性が結構いるので」(32歳/商社・卸/営業職)

・「肉じゃがや家事ができること。今は男性もそこそこ家事も料理もできる」(29歳/ホテル・旅行・アミューズメント/事務系専門職)

料理のうまい女性に惹かれる男性は多いものの、よく言われる「肉じゃがが作れる女性に男は弱い」は若干時代遅れな様子。今は料理ができる男性も多く、家庭で出す肉料理もいろいろなバリエーションがありますよね。家庭の味推しは通用しにくくなっている?

世の中にはモテテクなるものがたくさんありますが、実際はモテるどころか引かれるテクもたくさんあるよう。特に「あざとさ」が鼻につくテクは、男性から嫌われやすいとか。男性にアプローチするときは、テクに頼らず「素で勝負」が一番なのかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ(2016年2月にWebアンケート。有効回答数813件。22歳〜39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]