お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 カップル

ボディタッチより効果的! 飲み会で男性にされたらドキッとする気遣い

ファナティック

男女の仲を急接近させてくれるのが、「飲み会」です! 適度にお酒が入ることで、普段よりも気持ちが開放的になり、異性の魅力にもより敏感になれそうですよね。そんな飲み会の場で、「もしも異性にこんな行動をされたら、惚れてしまうかも!?」と思うのはどんな気遣いですか? 女性たちの意見を聞いてみました!

■飲み物や食べ物の気遣い

・「飲み物や自分の取り皿の料理が空いたときに気にしてくれる人」(28歳/金融・証券/秘書・アシスタント職)

・「食べたいものとか、さりげなく聞いてくれたり、私が食べられそうなものをさりげなく注文したり、食べられるよう気にしてくれたとき」(35歳/医療・福祉/専門職)

飲み会で堂々と自分のオーダーをするのはちょっと気が引ける……なんて方に人気なのが、異性のこんな気遣いです。グラスが空になった瞬間に「次なに飲む?」と聞いてくれるだけでも、「あ、見ていてくれたんだな」ときゅんとしますよね。

■会話の気遣い

・「みんながいろいろ移動しあってしゃべっているときに、たまたまタイミングで一人酒になりそうなのを察知してわざわざ隣にきてくれて話しかけてくれる」(39歳/学校・教育関連/専門職)

・「自分が話すのが苦手なので、いっぱい話しかけてくれるとうれしい」(37歳/自動車関連/事務系専門職)

みんなが盛り上がっている中で自分だけがポツン……なんて状況は、絶対に避けたいもの。こんなとき自然に話しかけてくれる男性がいたら、思わず盛り上がってしまいそうです。

■アルコールへの気遣い

・「されたことはないが、一気飲みをあおられてウーロンハイだ、と渡されたドリンクがウーロン茶だったら惚れてしまうと思う」(29歳/医療・福祉/専門職)

・「内緒でお酒を飲んでくれる。お酒は好きなのですが、体調がすぐれないときにこっそり飲みきれないビールを飲んでくれて、周辺にばれないようにソフトドリンクを頼んでくれていた」(24歳/その他/販売職・サービス系)

「飲み会」とは言っても、お酒にそれほど強くない女性だって少なくないはずです。周囲を白けさせず、陰でそっと守ってくれる、こんな姿……! 現実にやってくれたら、かなり胸きゅんです!

■体調への気遣い

・「仕事で疲れている日に飲み会があったときに、こっそり早めに帰らせてくれる気遣い」(33歳/その他/事務系専門職)

・「具合が悪くなったときに、心配してくれたとき。辛いときは、そばに誰かがいるとありがたいです」(35歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

「疲れている」や「正直シンドイ」と言ったら、雰囲気を壊してしまうのでは? と不安になった経験はありませんか? もしもこんな気遣いをしてくれる男性がいれば、自然と中座できるもの。あとでお礼を伝えるのを忘れないでください。

■お財布への気遣い

・「全部おごってくれる。自慢が少ない」(31歳/商社・卸/営業職)

・「帰宅時に、タクシー代を渡してくれる等」(25歳/その他/事務系専門職)

非常に現実的な気遣いも人気のよう。飲み会は楽しくても、お財布に優しくないのも事実です。懐のふかーい男性に惹かれてしまうのも、無理はないのかもしれませんね。感謝の気持ちだけは、しっかりと示しておきましょう。

■まとめ

飲み会での異性の気遣いに思わずドキッとしたら、そのまま恋をスタートさせるのもアリ! 酔っぱらい過ぎて、せっかくの異性の気遣いを見逃さないよう、注意してくださいね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年9月にWebアンケート。有効回答数231件(22歳~39歳の働く女性)

 

お役立ち情報[PR]