お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート

また誘いたくなる! 男子のテンションを上げる「デート後のお礼LINE」6選

ファナティック

男子スマホ気になる相手からデートに誘われたときは、なるべく自分のいい部分を見せられるように頑張りたいですよね。特にデート後のお礼の連絡は、必須事項といえそうです。男性のみなさんは、デートのあと、相手の女性からどんな内容のお礼のLINEやメールをもらったら、うれしく思いますか?

■ありがとう

・「ありがとうと言われたら、うれしい」(30歳/運輸・倉庫/その他)

・「ありがとうメールに感想をくれる」(27歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

「ありがとう」は単純にうれしい言葉ではないでしょうか。単純だからこそ、気持ちがストレートに伝わりそうですよね。

■楽しかった

・「今日はとても楽しかった。ありがとう」(24歳/医薬品・化粧品/営業職)

・「楽しそうなLINEが来たら、とてもうれしいです」(28歳/人材派遣・人材紹介/営業職)

楽しんでくれたのがわかると、男性としてもうれしいようですね。次のデートのプランもより楽しいものにしたくなるのでは。

■また行きたい

・「また行きましょう。という社交辞令ではない連絡」(33歳/運輸・倉庫/その他)

・「また行きたいと次を連想させるメッセージ」(37歳/電力・ガス・石油/事務系専門職)

また行きたいというのは、脈ありということにもなりますよね。男性としては、次に期待できますよね。もちろん、社交辞令ということもありますから、過信は禁物ですけれど。

■次は探しておきます

・「次は私がお店を探しますので、一緒に行ってくださいね。というお誘いのメール」(37歳/機械・精密機器/営業職)

・「今度は、私がお店を探しておきます」(37歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

次は女性からということで、期待に胸を膨らませることになりそうです。次のデートが待ち遠しくなりそうですよね。

■ごちそうさま

・「素直にごちそうさまなどのメール」(34歳/医療・福祉/専門職)

・「ごちそうさまの一言がうれしい」(38歳/金融・証券/営業職)

じっくり吟味して選んだ店や、自分のお気に入りの店の場合、「ごちそうさま」という返事はうれしいものですよね。食事を喜んでくれたということですから。

■また誘ってください

・「また誘って欲しいという内容のメールならすごくうれしい。またデートプランを立てて誘いたいと思う」(32歳/学校・教育関連/専門職)

・「また誘ってくださいという内容」(37歳/小売店/販売職・サービス系)

「また誘ってください」というのは、次への期待ということもありますが、今回は楽しかったという意味も含まれますよね。両方でうれしいのではないでしょうか。

■まとめ

どんな内容でも、お礼であればうれしいのではないでしょうか。タイミングもあるかもしれません。できれば、LINEよりは直接言葉で聞けると、よりうれしいのかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2016年10月にWebアンケート。有効回答数99件(21歳~40歳の働く男性)

お役立ち情報[PR]