お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

うぜぇぇぇ!! 合コンで女性に聞かれたらイヤなこと・5つ

ファナティック

楽しみにしていたはずの合コンで、会話が盛り上がらなかったときは残念でなりませんよね。時には女性の心ない質問が、男性の気分を萎えさせてしまうことも。合コンでは避けてほしい女性からの質問について、働く男性にアンケートを採ってみました。

<合コンで女性に聞かれたら萎えること>

■年収

・「年収、持ち物についてなど、人物以外の物についての品定めはやめろ」(37歳/情報・IT/技術職)

・「年収。こっちもハッキリ答えるわけにいかないので遠まわしに言ったり、それを聞いて相手が予想したり、それにまた答えたり、このやりとりがまったくおもしろくない」(39歳/その他/販売職・サービス系)

将来を真剣に考えるなら、やはりチェックしておきたい項目ではあるものの、初対面の合コンでは我慢したほうがいいかも。品定めで相手を選ぶ女性だと思われてしまうかもしれません。

■過去の恋愛

・「今まで女性と付き合った長さとか数とかデートの中身とか」(38歳/情報・IT/技術職)

・「以前付き合っていた女性について。過去の嫌な話は思い出したくない」(35歳/その他/その他)

これは非常にデリケートな話なので、打ち解けて仲よくなるまでは聞かないほうが無難ですね。人にはいろいろな過去があってあたりまえ、と認識しておきましょう。

■仕事に関する詳細

・「仕事に関して、さもわかったかのようにアドバイスしてくる女」(39歳/その他/その他)

・「仕事内容。『守秘義務があるので言えない』と言ってもわかってもらえないとき」(39歳/医療・福祉/専門職)

初対面での仕事に関する質問は「職業は?」くらいにとどめておいたほうがいいかも。意外にも本当に親しくなった女性にしか話したくない話題のようです。

■いきなり結論を迫る

・「『私のこと好きですか?』みたいなことを聞く人」(28歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「私のどこが好きですかという質問。まだ会って間もないのに、好き前提で話すのはおかしいから」(32歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

相手の気持ちを確認する前に暴走するのは考え物です。「どれだけ自意識過剰なの!?」と思われるのがオチ。どんなに気に入った男性でも、まずは親しくなることからはじめましょう。

■家柄

・「どういう家系か」(28歳/小売店/販売職・サービス系)

・「親の資産を気にする」(29歳/情報・IT/技術職)

お見合いでこの質問をしても、特に違和感はありませんが、合コンには似つかわしくない話題です。結婚前提の出会いを合コンに期待しているというガツガツ感が萎えさせてしまう理由かもしれません。

<まとめ>

何気ないひと言が、お目当ての男性を萎えさせてしまったのでは元も子もありません。合コンはその場が盛りあがることを最優先に考えて、話題のチョイスも相手の気分を害さないものにしたいですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年9月14日~2016年9月15日
調査人数:399人(22~39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]