お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 片思い

この女、ダリぃ……。男性の「返信する気が失せるLINE」6パターン

ファナティック

気になる男性にLINEを送ってみても、返信がこないとガッカリしてしまいますよね。そんなときは、自分の送った内容が悪かったから、返事が来ないのかも……と落ち込んでしまいそうです。では、男性のみなさんはどんなときに返信する気が失せてしまうのでしょうか。そこで今回は、「返信する気が失せる女性からのLINE」について、男性の本音を探ってみました。

(1)絵文字のない素気ないLINE

・「絵文字だけでなく、句読点すら使わなくなったとき」(34歳/機械・精密機器/技術職)

・「絵文字やスタンプを使わない、素っ気ないLINE」(37歳/その他/その他)

何の飾りもない内容だと、業務連絡のように感じるのかもしれません。内容にもよりますが、こんな素気ないLINEには「返信しよう!」という前向きな気分にならないようです。絵文字があるかないかだけでも、相手に伝わる温度感は変わってきますよね。

(2)スタンプだけ送ってくるLINE

・「スタンプばかりでコメントがない」(37歳/その他/販売職・サービス系)

・「スタンプのみとかはなんて返せばいいかわからない」(27歳/商社・卸/営業職)

コメントに添えたスタンプであれば、相手の意図を理解できますよね。ですが、スタンプだけに対しては返信のしようがないので、困ってしまう男性も。女性側のかまってほしい気持ちもわかりますが、直接的な表現でないと、その気持ちはなかなか男性まで伝わらないようです。

(3)自分の話ばかりするLINE

・「自分の報告ばっかりで聞いて聞いてという感じ」(36歳/商社・卸/営業職)

・「自分のことばかり言って同意を求めてくる」(38歳/情報・IT/技術職)

自己主張ばかりの内容だと、相づちをするくらいの返信しかできないですよね。そんなLINEが何度も続くと、さすがに嫌気が差してくるもの。LINEを送る際は、相手の心境を考えてあげることも忘れてはいけませんよ!

(4)内容のないLINE

・「特に用事のない内容のLINE。仕事中や自分の時間を奪われるのは不快に感じる」(29歳/情報・IT/クリエイティブ職)

・「内容のないLINEをひたすら送ってくる」(29歳/学校・教育関連/その他)

暇なときであれば、内容がなくても相手はできそうです。ですが、忙しいときだと、だんだんイライラしてくることもありますよね。男性の状況やタイミングも考えて送るようにしたほうがよさそうですね。

(5)返信をせかすLINE

・「やたらと返事をせかす人には返信する気が失せる」(38歳/小売店/販売職・サービス系)

・「何で返信してくれないのとしつこく投稿してくるのは面倒くさい」(24歳/ソフトウェア/技術職)

何かをするときにせかされるとイラッとしてしまうことはないでしょうか。これは、LINEも同じかもしれません。返信をせかされると、余計に返信することが嫌になってしまうはずです。

(6)長文メッセージに短文で返してくるLINE

・「こっちが何行も書いてるのに一行の返信。基本そこでやめる」(35歳/金融・証券/技術職)

・「こっちが長文なのにひと言のときはきついっす」(32歳/情報・IT/技術職)

長文に対して短文で返されると、相手は「面倒くさいのかな」と消極的な気持ちになってしまいますよね。だからこそ、さらにLINEを続ける気力がなくなってしまう様子。会話のキャッチボールと同様、相手と同じ目線でやりとりをすることが大切です。

<まとめ>

LINEのやりとりをしていても、返ってきた内容によっては気持ちが冷めてしまうこともありますよね。LINEも会話も同じですから、きちんとした返しをしないと、そこで終わってしまうもの。気になる彼とLINEのやりとりをする際は、これらのポイントに気をつけてみてくださいね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年9月21日~2016年9月22日
調査人数:375人(22~39歳の男性)

お役立ち情報[PR]