お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

元カノ・同僚女子の話は厳禁! 女子がヤキモチをやく場面6選

ヤキモチ嫉妬深い女にはなりたくない! そう思っていても、彼の言動によってはヤキモチをやいてしまうこともありますよね。女性がヤキモチをやくのはどのようなときなのでしょう。本音を聞いてみました。

■自分は知らない彼の顔

・「会社の女性に対して、容姿を褒めたとき」(31歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「会社の話をしてくれたとき。彼の話から、後輩の女性に頼りにされているのが分かり、密かにヤキモチをやいた」(32歳/食品・飲料/事務系専門職)

職場が一緒でなければ足を踏み入れることができない聖域。そこで繰り広げられる女性とのやり取りは、知ることができないからこそ嫉妬してしまいますよね。

■優しさを独占したいのに

・「みんなに優しい。ほかの女の子にも優しく接しているとき」(29歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「彼氏が子猫を抱き上げているときです。自分を抱いて欲しいなぁと思うのです」(30歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

「優しい彼が好き」そう言っていられたのは付き合う前まで。彼女になってしまえば、自分以外に優しくされるのは、たとえ小動物であってもイヤだと感じるものです。

■休日ぼっち彼女の叫び

・「私とは週末に会わずに、ほかの人と飲みに行っているとき」(28歳/ソフトウェア/技術職)

・「飲み会ばかり続いて休みの日に一人ぼっちなとき」(31歳/建設・土木/事務系専門職)

休日は何よりも自分との時間を優先してほしい! 多くの女性がそう願っているでしょう。ですがそんな彼女の気持ちはつゆ知らず、彼は彼なりのコミュニティを楽しんでいるようです。

■女友達は目の上のたんこぶ

・「女友達と二人きりでどこかに行ったというような話を聞いたとき」(32歳/情報・IT/事務系専門職)

・「楽しそうに女性と話しているとき。なんか友情を熱弁されたとき」(29歳/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職)

浮気でもないし、制限はできないけれど、彼の女友達は彼女にとって目の上のたんこぶ。恋愛感情はないことを強調されても、余計嫉妬心が強くなるばかりです。

■話も上の空でスマホに夢中

・「私が話しているときにスマホをチラチラと見ていると腹が立つ」(25歳/食品・飲料/専門職)

・「一緒にいるときにやたら携帯電話をいじっているとき」(33歳/その他/事務系専門職)

誰とつながっているのか分かりませんが、彼女の話もそっちのけでスマホに夢中になる彼。彼女との会話以上に大事な用事とは、いったいなんなのでしょう。

■元カノ関連は禁句です

・「過去の女の影が見え隠れするとき」(31歳/金融・証券/事務系専門職)

・「元カノとの話。私から聞いておいてやはりヤキモチをやいてしまう自分がいました」(29歳/医薬品・化粧品/秘書・アシスタント職)

多くの女性にとって、元カノの存在ほどストレスになるものはありません。そんな女心を理解せず、平然と元カノの話をする彼の言動は、もはや罪としか言いようがないのかも。

■まとめ

ヤキモチをやかずにはいられない彼の言動、共感できるエピソードも多いのではないでしょうか。彼女の神経を逆なでするような言動は慎んでほしいものですが、度が過ぎた嫉妬で彼との関係が悪くならないよう、自制心は常に持ち合わせておきたいものですね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2016年9月にWebアンケート。有効回答数133件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]