お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

男性の目を意識して「いい女」を装ってしまうこと・6選

ファナティック

本当はこんな自分じゃないと思っていても、人に会うと、つい「いい女」や「デキる女」ぶってしまうこともありますよね。そこで今回は、男性の目を意識してつい「いい女」を装ってやってしまうことについて、社会人女性に聞いてみました。

■料理を取りわける

・「たまに、食事会などでこれみよがしに料理を取り分けてしまう。一番簡単に『気をつかってます』アピールできるから」(32歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「料理を取り分けること。私だって、自分の分だけ取って、ガツガツ食べたい」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)

飲み会や食事会などに出掛けると、張り切ってみんなの料理を取り分けている人が、必ずひとりやふたりはいるものです。やはり男性目線を気にしてのことなのでしょうか。

■細かいことは気にしないフリをする

・「『いろいろ細かいことは言わない』といい女風なことを言ってしまう」(27歳/生保・損保/事務系専門職)

・「さっぱりしていて、おおらかな人を演じることが多いが、本当は細かいことも気にしてしまうタチ」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

男性と話をしているときは、ついサバサバ系の女性を演じてしまうこともありますよね。細かいことは気にしていないフリをしていても、本当は気になって仕方ないかもしれませんね。

■八方美人になる

・「誰にでもやさしく接し、愛想笑いをしてしまう」(28歳/情報・IT/事務系専門職)

・「男子の前だとつい八方美人になってしまう」(28歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

男性の前に行くと、いつも以上に笑顔をふりまいてしまったり、やさしく接することもありますよね。女性だけだと、態度の変わる人もいるので、わかりやすいですよね。

■ていねいにふるまう

・「普段はおおざっぱなところがあるのに、ていねいに振る舞う」(23歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「猫かぶりをしていること。本当はもっとガサツ」(24歳/医療・福祉/専門職)

本当はガサツな部分があっても、男性の前ではそれを隠したいと思うもの。いつもより上品にふるまっていても、いつかバレてしまうかも?

■男ウケを狙って洋服を選ぶ

・「男ウケのいいファッションやメイクなど」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

・「自分の好みではない、かわいい服をチョイスしてしまうこと」(33歳/不動産/専門職)

洋服を選ぶときは、自分の好みより、男ウケするかどうかを優先して決めてしまうこともるという意見です。まわりから「いい女」と思われるためには、自分の好みはあきらめるしかないかもしれませんね。

■料理が得意なフリをする

・「料理が得意な女アピール。実際には自分のために作ることばかりなので、他人に食べさせるとなったら、ちょっと焦るかも」(26歳/情報・IT/事務系専門職)

・「『料理が得意』と言ってしまう。得意じゃなくて必死に覚えようとしてるだけなんだけどね」(32歳/建設・土木/事務系専門職)

少しでもいい女ぶろうと思ったときは、料理ができるアピールをするのが、有効ではないでしょうか。手料理に弱い男性は、とても多そうですものね。

■まとめ

ほかにも、「『家事が好きだ』と言う。本当はあまり好きではない」(34歳/医療・福祉/専門職)、「家事が得意だということ。好きだけど得意かは自信ない」(33歳/不動産/事務系専門職)という意見のように、本当は掃除や洗濯は得意じゃないけれど、つい好きだと言ってしまうこともあるようです。「いい女」ぶってはみても、すぐにメッキがはがれてしまうこともあるもの。あまり無理せず、自分らしさを出すことも忘れないようにしたいですよね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年9月14日~9月20日
調査人数:146人(22歳~34歳の女性)

お役立ち情報[PR]