お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 カップル

ウソだろ……。彼女選びをミスったと思う瞬間・5つ

ファナティック

付き合う前は理想通りだと思っていた恋人も、付き合っていくうちに嫌な面が見えてくるもの。「こんなはずでは」と後悔することもありそうです。今回は、男性たちが彼女選びをミスったと思う瞬間について聞いてみました。

<彼女選びをミスったと思う瞬間>

■束縛される

・「相手の束縛がつらいとき」(22歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「束縛など口うるさく管理しようとする人だったとき。めんどうに感じてしまうので」(33歳/その他/販売職・サービス系)

・「日常生活に支障が出るような束縛などをする」(35歳/機械・精密機器/クリエイティブ職)

好きでいてくれるのはうれしいけれど、それが束縛に変わるとめんどうになります。1日に何度も電話やメールをしてきたり、スケジュールをすべて把握されてしまうと、信用されていないのかという気持ちにもなりそうですね。

■合わない面が見えてきた

・「自分と相手の性格の相性がいまいち」(24歳/その他/その他)

・「話が膨らまない。興味あることがことごとく合わなかった」(36歳/医療・福祉/営業職)

・「食べ物の好みが合わないと、失敗したかな、と。やはり長く付き合うには食べ物はある程度、寄り添いたい」(37歳/人材派遣・人材紹介/販売職・サービス系)

付き合っていくうちに、細かい部分で合わないことが見えてきたという人も。趣味や性格が合わないと長く付き合うのは難しそうですが、ちがう部分を認め合ってお互いに妥協点を探るというのもひとつの解決方法かもしれませんね。

■勢いだけで付き合いはじめた

・「第一印象ですべてを決めてしまう」(26歳/その他/その他)

・「勢いだけで選んでしまったとき。中身がダメだとあとからわかるパターン」(29歳/商社・卸/営業職)

・「酔った勢いで誘ったとき。付き合っても気持ちが乗っていかない」(37歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

最初は気持ちも盛りあがっていても、その熱が冷めてくると、少しずつ嫌な部分が目に付きはじめることもありそう。ひと目ぼれが運命の相手とは限らないようですね。

■散らかった部屋を見た瞬間

・「彼女の部屋に初めて入ったとき。趣味全開の部屋だったり、自分なりには掃除しているつもりだが、細かいところがまったくできていなくて普段はしていないのだなと思わせるとき」(28歳/小売店/販売職・サービス系)

・「料理下手。家事できない。掃除しない」(33歳/運輸・倉庫/販売職・サービス系)

・「家に行ったときに部屋がすごく散らかっている子だと『しまった!』と思う」(35歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

彼女の部屋に入った途端「失敗した」と感じた男性も。散らかり放題の部屋、自炊もまともにしていないという彼女の日常を見てしまうと、このまま長く付き合ったとしても結婚は考えられない相手だと思われそうですね。

■付き合ってから彼女が一変した

・「付き合っていくうちに態度が変わってきた。だまされたと感じる」(33歳/警備・メンテナンス/その他)

・「猫をかぶっていたのがわかったとき」(34歳/機械・精密機器/技術職)

・「裏表のギャップが激しすぎた」(35歳/その他/その他)

最初は自分をよく見せようとおとなしくしていた彼女が、付き合いはじめると一変したというパターンも。多少のギャップは魅力になりますが、あまりにもギャップがありすぎると「だまされた!」としか思えないのでしょう。

<まとめ>

誰にだって合わない部分はあるでしょうが、それを受け入れられるかどうかで長く付き合えるかどうかが変わってきそう。こんなはずではなかった、こんな人だと思わなかったというのは、お互いがどこかで思っていることなのかも。それ以上に相手のいいところを見つけて、そういう一面を受け入れられられるといいですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年9月6日~2016年9月9日
調査人数:394人(22~39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]