お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

やだ! 震えるんだけど! 女性がドン引きした男性からのアプローチ

ファナティック

職場の男性からアプローチされると、まんざらでもない気分になる女性も多いはずです。付き合うかどうかは別として、好感を持てる異性であれば、なんだかうれしくなりますよね。しかし一方で、ガツガツしすぎる男性には引いてしまうことも……。働く女性たちが「がっつきすぎ!」と感じる、職場の異性からのアプローチ方法についてアンケート調査してみました。

■諦めません!

・「なんどもなんども、断っても断っても、ご飯を誘ってくる人」(39歳/その他/事務系専門職)

・「何回も断ってるのに、しつこく食事とかに誘ってくる」(33歳/医療・福祉/専門職)

何度断っても、諦めてくれない男性たち……。その内うんざりしてしまいそうですね。女性としてはズバッと伝えているつもりでも、伝わっていない可能性もアリ。第三者に間に入ってもらうのもおすすめですよ。

■「送ります!」攻撃

・「車などで、家まで送る。何回も誘われると、少し困ってしまいます」(35歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

相手に他意はないのかもしれませんが、女性として、少し怖いのがこんな言葉です。送ってもらうということは、自宅を知られるということ。そのあたりの女心をわかってくれない点が「がっつきすぎ!」と思われる原因なのでしょう。

■誰でもいいの?

・「どんな人にでも誘ってきて、誰でもいいからと感じる人」(31歳/ホテル・旅行・アミューズメント/事務系専門職)

・「いろいろな人にかたっぱしから声をかけているとき」(26歳/医療・福祉/専門職)

手当たり次第、誰にでも声をかけまくっているような男性は、正直ちょっと信用できません!? 「ぶっちゃけ誰でもいい!」と思っていても、それを隠すのが女性へのマナー。それさえできない男性と一緒に過ごすのは、時間の無駄に思えてしまいます。

■空気は読みません

・「付き合っている異性がいる人にでも平気で手を出していくタイプ」(36歳/不動産/秘書・アシスタント職)

・「彼氏がいるのにバレンタインにプレゼントをいきなり渡してくる人」(34歳/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職)

本当に相手のことが好きなら、相手の状況を見て適切なアプローチをするはず。空気を読まずに、ただひたすらストレートに思いをぶつける男性は、相手よりも自分の方が好きなのかもしれませんね。

■ボディタッチ!

・「とにかくベタベタ。過度なあいさつに何かにつけてかまってくる。プレゼントとかいらないから」(32歳/その他/その他)

・「どこでもかしこでもペタペタ触ってくる。セクハラ以外の何物でもない」(30歳/その他/その他)

心の距離を近付けてくれるボディタッチもやり過ぎるとマイナスの印象に……! 触れられたくない、と思う瞬間があってもいいはずです。さっとガードして、気持ちを伝えるのも一つの方法ですよ。

■周囲を巻き込んで……

・「大きい声でのアプローチ。まわりの人に○○さんが好きと口外しまくる」(24歳/その他/販売職・サービス系)

・「周りを巻き込んでアピールする人。女子中学生かよと思う」(29歳/その他/その他)

こんながっつきアプローチをされると、職場の居心地が悪くなることも考えられます。周囲におせっかいを焼かれたり、余計なアドバイスをされたり……。うんざりする気持ちを率直に伝えた方がよさそうですね。

■まとめ

素直なアプローチが女性の心を動かすことは多いもの。しかしがっつきすぎると、自然と気持ちが離れてしまう可能性も大です。特に職場では、社会人としてのマナーやモラルも求められるもの。相手との立場によっては「パワハラ」や「セクハラ」にもなりかねないことを自覚して、上手にアプローチしていただきたいものです。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年9月にWebアンケート。有効回答数231件(22歳~39歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]