お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 スキンケア

“主婦湿疹”って何? 皮膚科医が教える、「湿疹」の原因・対処法

石部千晶/六識

肌荒れの症状でよく聞く“湿疹”。ヒザやヒジの裏がかゆくなったり、肌が赤くなったり、プツプツしたものが出現したり……。見た目も悪いし、かゆさで集中力はなくなるし、いち早く改善したいところです。そこで今回は、働く女性を対象に「湿疹」に関する悩みについてアンケート調査を実地。また、湿疹の種類や原因、対策について、渋谷スキンクリニックの院長・吉田貴子先生に教えてもらいました。

Q.あなたは、「湿疹」ができて悩んだことはありますか?

※マイナビウーマン調べ。調査日時:2016年8月22日~8月30日、調査人数:129人(22歳~34歳の働く女性)

はじめに、湿疹で悩んだ経験があるかどうか聞いたところ、ある人とない人は約半数ずつという結果に。それでは、湿疹で悩んだことがある人は、具体的にどのような症状で悩んでいるのでしょうか。

<「湿疹」ができたときの具体的な症状>

■赤みが発生……

・「急にかゆくなって、かいたら赤くなってプツプツしてきた」(26歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)
・「赤くなり、広がってしまうことが多々ある」(29歳/団体・公益法人・官公庁/専門職)

多かったのが、赤みが出てきてしまうという悩み。見た目も痛々しくて恥ずかしいと思うこともありますよね。また、赤くなる場合、かゆみを伴うことが多いようです。

■かゆみが止まらない!

・「全身に湿疹が出てとてもかゆい」(28歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)
・「カサカサしてかゆくなる」(22歳/自動車関連/事務系専門職)

乾燥して、かゆみがとまらなくなっている人も多いようです。ただ、かゆさに負けてかいてしまうと肌が傷ついてしまいそう……。それに、かゆみが傷みになってさらにつらくなりそうですよね。

■ある条件で湿疹が発症

・「汗をかくと湿疹ができる」(33歳/ソフトウェア/事務系専門職)
・「疲れたときに前触れなく湿疹が出てくる」(32歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

普段症状は出ないけど、ある状態になると湿疹がでてしまうという人も。疲れたときというのは、健康状態の乱れやストレスなどが関係してくるのでしょうか。

<皮膚科医に聞く、「湿疹」の原因と解消法>

湿疹にもいろいろな症状があるようですが、症状によって原因や対策は変わってくるのでしょうか? 渋谷スキンクリニックの院長・吉田貴子先生に、湿疹の種類や原因、改善方法について教えてもらいました。

■湿疹の原因と解決策は?

吉田先生「湿疹とは、皮膚の表面に起こる炎症のことで、皮膚炎と同じことをさします。湿疹の種類はさまざまで、皮膚に触れた物質による刺激が原因でできてしまう“接触皮膚炎”や、顔、頭皮に症状が起こることが多い“脂漏性皮膚炎(湿疹)”、手が荒れてしまう“主婦湿疹”(手湿疹)、また“アレルギー”など、症状や原因も多岐にわたります。

まず、皮膚炎の中でも特に多いのが“接触性皮膚炎”です。かぶれや金属アレルギーもこれにあたります。対策としては、原因を突きとめ、その物質に皮膚が触れないようにすることが一番効果的です。また、かゆみや痛みを伴うことが多いですが、肌が傷つく上に症状が悪化してしまうので、かくのは厳禁。皮膚科で適切な薬を処方しますので、まずは気軽に相談してみてください。

また、“脂漏性皮膚炎”で悩んでいる女性も少なくありません。“脂漏性皮膚炎”は“フケ症”とも言われていて、顔のほか、頭皮に起こることも多いです。頭皮の菌の増殖と、皮脂の過剰分泌が原因で起こります。頭皮を清潔に保つためにも、洗髪方法と、洗髪後の頭皮の乾燥を意識しましょう。洗浄力の強すぎないアミノ酸系のシャンプーで、38度ぐらいのぬるま湯で洗うのがオススメです。

ほかにも、女性に多い症状として“主婦湿疹”(手湿疹)があります。家事や仕事などで、水や洗剤、シャンプーを使用することが多い人にできやすい湿疹です。これからの乾燥しやすい季節は、特に注意が必要です。水仕事をする際には、極力ビニール手袋を使用して、刺激から肌を守るようにしましょう。ハンドクリームでこまめに保湿するのも効果的ですよ

■湿疹から肌を守るために、保湿で肌を強くしよう!

吉田先生「湿疹が起きてしまう原因のひとつとして、全身の保湿力が下がってしまっていることが考えられます。肌を強くするためにも、保湿ケアをしっかり行うようにしましょう。

湿疹の原因は上記以外にもいろいろなことが考えられます。中には、ストレスが原因で湿疹が起きてしまう方も。原因がわからずに困っているという方は、まずは皮膚科に相談してみてくださいね」

<さいごに>

湿疹ができてしまったら、まずはなんでできてしまったのか原因を明らかにすることが重要! 理由がわかれば、適切なケアをしたり、今後再発しないように気をつけることができます。原因が特定できなかったり、セルフケアで改善する様子がなかったら、クリニックで診察を受けるのがオススメです。悪化する前に、キレイに治してしまいましょうね!

監修:吉田貴子先生
皮膚科・美容皮膚科医。2004年に渋谷スキンクリニックを開業。一般皮膚科と美容皮膚科を開設し、あらゆる肌の悩みに向き合っている。なかでもニキビ治療を得意とする。また、肌トラブルだけでなく、ダイエットやアンチエイジング、発毛治療など、美容にまつわる様々な悩みに対応してくれる。テレビや雑誌などのメディアでも活躍中。

(取材・文:石部千晶/六識)

※画像はイメージです

★読者のお悩みに先生が回答! 過去の記事もチェック

(01):皮膚科医が教える! 正しい「肌の乾燥」対策
(02):喫煙者は要注意!? 「ほうれい線」の原因と解消法
(03):生活習慣の乱れはNG! 「肌荒れ」の種類と原因、対策法
(04):1日に何回が正解? 意外と知らない、正しい「洗顔」のススメ
(05):皮膚科医に聞く! 「花粉症皮膚炎」の症状と対策法
(06):かきむしるのはNG! 先生に聞く肌の「かゆみ」の原因と対処法
(07):皮膚科医に聞く! 「ニキビ」ができる原因と解消法
(08):触らないは守って! 皮膚科医が教える「ニキビ痕」の対処法
(09):老け顔イメージの元! 気になる「シミ」の原因と対策法
(10):皮膚科医が教える! 「毛穴」の種類と、それぞれの対策法
(11):どんより顔とはお別れ! 「クマ」をスッキリさせる秘訣
(12):永遠のあこがれ! 「透明感のある肌づくり」の秘訣
(13):見た目年齢を左右! 皮膚科医に聞く、「たるみ」の原因と対策法
(14):“脂漏性皮膚炎”って何!? 顔の「赤み」の主な原因と対策法
(15):化粧水をつけるとき、「コットン」or「手」どっちがいいの?
(16):これからの季節は要注意! 皮膚科医に聞く、顔の「テカり」対策
(17):皮膚科医が教える! 「日焼け」予防&ケア方法
(18):皮膚科医に聞く! 肌への負担を減らす「ムダ毛の自己処理」のコツ
(19):自分で「デリケートゾーンのムダ毛」を処理するときのコツって?
(20):皮膚科医に聞く、カラダのパーツ別「黒ずみ」対処法
(21):汗ジミから卒業! 皮膚科医が教える、「ワキ汗」をおさえる方法
(22):汗をかきやすい時期に気をつけたい「肌トラブル」と対策法
(23):皮膚科医が教える、「シワ」の原因と対策法って?
(24):膣は洗わなくていい!? 正しい「デリケートゾーンの洗い方」
(25):皮膚科医に聞く「二の腕のプツプツ」の原因と対処法
(26):サンダルでもへっちゃら! 正しい「フットケア」法
(27):「バストトップ」をキレイなピンク色に近づける方法って?
(28):皮膚科医が教える、トラブル別「頭皮」悩み解消法
(29):皮膚科医がアドバイス! 季節の変わり目に起こる「肌荒れ」対処法
(30):大人になってから増えるもの? 「ホクロ」ができるメカニズムとは

お役立ち情報[PR]