お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 出会い

女子が彼氏に求めるのは? 「ファッションセンス」or「笑いのセンス」

ファナティック

バイク「ファッションセンス」のいい男性が彼氏だったら、周囲に自慢したくなりますよね。一方で、一緒にいるときに彼女を楽しませてくれそうなのが、「笑いのセンス」のある男性。
さて、女性のみなさんはどちらのセンスを重要視しているのでしょうか? アンケート調査で本音を聞いてみました。

Q.「ファッションセンス」と「笑いのセンス」、付き合う男性に求めるのはどっち?

「ファッションセンス」……26.4%
「笑いのセンス」……73.6%

なんと7割以上の女性が「笑いのセンス」を選ぶ結果となりました。まずは少数派の女性たちから、理由を語ってもらいましょう。

<付き合う男性に求めるのは「ファッションセンス」と思う女性の意見>

■人目が気になります……

・「他人から見て着飾っていたほうがいい」(31歳/団体・公益法人・官公庁/秘書・アシスタント職)

・「あまりダサい格好をされると、隣を歩くのが嫌だから」(27歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

26.4%の女性たちの中でも、圧倒的に目立ったのが「周囲の目線が気になる!」という意見です。ファッションセンスが残念な彼氏は、誰に紹介しても「あぁ……」と思われてしまうもの!? そのたびに恥ずかしい思いをするのも、嫌ですよね。

■「笑い」は必要ありません!

・「彼には癒しは求めるけれど、笑いは別に求めないから。おしゃれな男性にはいつになってもキュンとできるので」(27歳/医薬品・化粧品/技術職)

・「一緒にいて恥ずかしくないから、笑いのセンスなんて芸人じゃないんだから必要ない」(35歳/小売店/販売職・サービス系)

非常に冷静な意見も目立ちました。高度なギャグを披露されても……「で?」というのが彼女側の本音なのかもしれません。こんな女性たちにとって、より実用的なのは「ファッションセンス」なのでしょう。

では次に、多数派の理由もチェックします。

<付き合う男性に求めるのは「笑いのセンス」と思う女性の意見>

■楽しい彼氏が最高!

・「笑いのセンスがある人のほうが一緒にいて楽しいと思うので」(31歳/その他/秘書・アシスタント職)

・「面白い人の方が一緒にいて楽しそうだから」(30歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

いくら見た目が華やかでも、一緒にいてつまらない彼氏では、すぐに「別れ」を考えてしまいます。会話の中で抜群の「笑いのセンス」を見せてくれる男性は、きっと頭の回転も速いはず。コミュニケーション能力にも期待できそうです!

■将来を見据えて

・「ユーモアがあれば解決できることが多いので」(29歳/ソフトウェア/技術職)

・「笑う門には福来る」(27歳/ホテル・旅行・アミューズメント/秘書・アシスタント職)

アラサー女性の恋愛において、「将来」は絶対的なキーワード。楽なことばかりではない人生だからこそ、笑いのセンスを持つ彼となら、楽しい気持ちで乗り越えていけるのかもしれませんよ。

■私がコーディネート!

・「ファッションは後日自分が変えればいいから。笑いは持って生まれたものだから」(32歳/金融・証券/専門職)

こんな意見も目立ちました。洋服のセンスは、彼女が十分カバー可能! むしろ「自分好みのファッションをさせられる」という点において、「センスのなさ」=「メリット」にもなるのかもしれません。

■浮気防止!?

・「ファッションセンスがよくて、他の女性に言い寄られても困るから」(30歳/医療・福祉/専門職)

あえて彼女も手を出さず、ファッションセンスが残念な彼氏のままでいさせることで、浮気防止を企む女性もいるよう。本当の彼の魅力は、自分だけが知っていれば良いのですよね。

■まとめ

ファッションセンスと笑いのセンスでは、女性人気が高いのは「笑いのセンス」の方であることがわかりました。どちらにもメリット・デメリットがあるはず。オシャレな方か、それとも一緒に笑える方なのか。どちらの条件の方がより大切なのかを考えておくことで、いざというときに迷わずにすむのかもしれませんよ。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2016年9月にWebアンケート。有効回答数106件(22~35歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]