お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

届けこの気持ち! 好きな人の気を引くLINEテク10

ファナティック

好きな人とメールやLINEのやり取りをすることになったら、最初に考えておきたいのが「どんな方法で気を引く?」ということ。そこでメールやLINEなどで好きな人の気を引くためにどんなテクを使っているか、働く女性に聞いてみました。

■かわいい絵文字、スタンプを使ってオーバーリアクションに

・「かわいい絵文字やハートマークなどをちょこちょこと入れて視覚的にかわいくする」(25歳/その他/事務系専門職)

・「得意の顔文字を使ってみる。かわいいLINEスタンプで気をひく」(30歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「かわいいスタンプや絵文字を使ったり、オーバー気味にリアクションする」(33歳/食品・飲料/技術職)

メールやLINEで難しいのが、自分の気持ちを誤解なく相手に伝えること。特に文章だけのメールやLINEは、好意があっても素っ気ない印象を与えがちですよね。多少オーバー気味でも絵文字やスタンプを使って、好意はわかりやすく伝えた方がいいのかもしれません。

■質問を使ってラリーを増やす

・「男性は込み入るとメールが面倒な人も多いので、なるべくyes、noで答えやすい投げ掛け方にする」(34歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

・「質問を一つだけ入れて、ラリーが続くようにする。最後は翌日回答にするよう時間も配慮」(29歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「文章には『?』を付けて、返事が返ってくるようにする。返信は早く」(31歳/小売店/販売職・サービス系)

接する機会が多い相手ほど好意を持ちやすい「単純接触効果」を狙うなら、メールやLINEでのラリーをなるべく増やすのも効果的。ただ男性は面倒くさがり屋な人も多いもの。なるべくシンプルな回答で済む質問を投げかけるとさらに効果アリ?

■返事を遅くして、じらして気を引く

・「あえて返事を遅くしてみる。気にしてくれているかな、と期待しつつ、30分くらい放置」(31歳/医療・福祉/専門職)

・「既読がつかないように、しばらく読まないで待たせる。読んだらすぐに返す」(32歳/学校・教育関連/専門職)

自分の好意が相手に伝わっていること前提ですが、自分が思っているよりも相手の反応が悪いときに効果があるのが「じらし作戦」。あまり好きだと伝えすぎると、調子に乗って何もしなくなるのが男性。たまにはこんな風にじらしてみるのも大事ですよね。

■彼氏みたいな扱いをして、特別感を演出

・「悩み事を相手だけにしている事をしっかりアピールして特別感を強調する。普段見せない部分をさらす」(27歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「相談したり、なにげない日常のことを報告する。彼氏っぽく接する」(24歳/情報・IT/技術職)

自分がその他大勢なのか、それとも特別な人なのかは、相手の人間関係全部を見ないとなかなかわかりづらいもの。彼氏にしかしないような相談事を投げかけると「特別扱い」していることがわかってもらいやすいかもしれませんね。少し鈍感な男性に効果的?

メールやLINEは自分の本気さや好意が伝わりづらく「誰にでも同じことしてるんじゃ?」なんて変な勘ぐりを生むことも……。自分の好意をわかりやすく伝え、相手の気を引くには上記のテクが有効なよう。気になる人がいるなら、ぜひ実践してみて!

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2015年12月にWebアンケート。有効回答数56件(22歳〜34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]