お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

口が裂けても言えない! 絶対彼氏には言えない過去のエピソード

ファナティック

誰にでも一つや二つは人に言えない過去があるものです。彼氏にこれを知られたら自分を嫌いになってしまうかも……と不安になるような、強烈な過去を持っている人もいるでしょう。彼氏には口が裂けても言えない自分の過去を、社会人の女性にカミングアウトしてもらいました。

■ダイエット大成功

・「小学生のときかなり太っていたことは知られたくない」(22歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「めちゃくちゃ太ってた。幻滅されそうで言えない」(33歳/不動産/専門職)

スリムな今の体型からは考えられないほど太っていた過去。今、自信を持っていられるのは壮絶な食欲との戦いを制した証ですが、今の自分のイメージを壊したくはないですよね。

■実は整形美人

・「実は整形をしていること。けど奥二重を二重にしただけだから顔は変わっていない」(31歳/医療・福祉/事務系専門職)

・「整形魔女。もとの方がキレイだった」(22歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

以前と比べ、気軽に整形手術をする人も増えてきている昨今。痛みと戦って手に入れた顔でも「もともとこうなの」と言いたくなりますよね。過去の写真は見せられません。

■自由奔放な恋愛をしていたこと

・「一時、いろいろな男の人のところ渡り歩いていたこと」(31歳/医薬品・化粧品/事務系専門職)

・「合コンばかり行って、付き合っていない男の人と代わる代わる遊んでいた時期がある」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

「若いころは遊んでいた」と言っても、それを受け入れてくれるかどうかは彼次第。いくら過去のことでも「そんな女性は嫌だ」と愛想を尽かされてしまうかもしれません。

■いけない恋に手を出したこと

・「大学時代に、先生と不倫していた過去」(26歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「不倫していた事。彼氏でなくても人に言いたくない」(32歳/ソフトウェア/事務系専門職)

将来を考えている男性には絶対に言えない、いや、言ってはいけないことですね。言ったら最後、彼は結婚に二の足を踏んでしまうことになるでしょう。

■まとめ

秘密を持つことが、すべて悪いとは言い切れません。世の中には言わないでおいた方がお互いのためになることもあります。過去の自分を悔やむよりも前を向いて毎日を楽しむことが大切ですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年9月にWebアンケート。有効回答数104件(22歳~35歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]