お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 カップル

女性が一生に一度でいいから「彼氏としてみたいこと」

ファナティック

彼氏と同じ時間を過ごすことが増えてくると、その時間の使い方を考えるようになりますよね。いつもと同じ、変わらない日常を過ごすのもいいけれど、時には記憶に残るようなすてきな時間を彼氏と一緒に過ごしたいと感じることも。働く女性へのアンケート結果から、女性の願望を見てみましょう。

■二人で作る世界見聞録

・「世界旅行。二人であちこち回るのが楽しそうだから」(29歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「海外をバックパッカーで貧乏旅行する事」(34歳/医療・福祉/専門職)

二人で世界の国をまわってみたいという意見です。旅行会社のパッケージツアーもいいけれど、せっかく二人で行くなら独創性に富んだ視野を広げる旅をしてみたいですよね。

■一生忘れられない夜景になりそう

・「観覧車から花火を見ること。ロマンチックであこがれるから」(32歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「プロペラ機で夜景観賞。ロマンチックの極みだから」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

キレイな夜景を一緒に見たいという意見です。高いところから見る夜景はまさに宝石箱。キラキラと輝く光の粒に花火のコラボレーションとなれば、一生忘れられない夜景になること間違いなしでしょう。

■ドラマのワンシーンを再現

・「キレイな海の浜辺を夕日を見ながら散歩すること。ドラマみたいだから」(29歳/ソフトウェア/技術職)

・「江の島までドライブして砂浜に文字とか書いてみたいです」(24歳/その他/営業職)

こんなすてきなワンシーン、ドラマの中だけの話で終わらせたくはありませんよね。何気ない日常の出来事のようでも、その機会に恵まれることはそうそう多くはありません。その瞬間は自分が主人公になった気分に浸れそうですね。

■夢を実現する結婚式

・「東京ディズニーリゾートでの結婚式。高そうだけどしたい」(28歳/金融・証券/営業職)

・「結婚式。お互いの大好きな人に祝福されたい」(27歳/学校・教育関連/販売職・サービス系)

彼との結婚が現実味を帯びてくると、次に考えるのは結婚式のこと。幼いころからの夢を実現する最高のチャンスでもあります。この日だけはプリンセスになって、幸せな結婚生活のスタートにしたいですね。

■一人では無理でも、二人なら大丈夫

・「バンジージャンプ。やってみたいけど一人じゃ怖いので」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「起業してみたいですね……!! 少し落ち着いたところで、自営業しながら過ごすのも楽しそうです」(31歳/情報・IT/技術職)

一人では相当な覚悟が必要なことも、二人なら心強いもの。平凡な人生じゃつまらないという人も、彼氏と一緒ならさまざまなことに挑戦しながら実りある人生を送れそうですね。

■まとめ

彼と付き合っていても、四六時中一緒にいられるわけではありません。時にはすれ違うこともあるでしょう。そんなとき、すてきな思い出は二人の支えになってくれます。自分だけではなく彼の心にも残る、すてきな時間を共有していきたいですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年9月にWebアンケート。有効回答数104件(22歳~35歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]