お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 カップル

は、激しいっ……! 「他人のキスシーン」を目撃して気まずくなった瞬間11

ファナティック

恋人同士にとって、キスは大切なコミュニケーションですが、する「場所」によっては、周囲に気まずい思いをさせてしまうことも。突然目に飛び込んできた他人のキスシーンに、ソワソワした経験がある方も多いのではないでしょうか。働く男性たちが、「これは……気まずい!」と思った他人のキスシーン目撃エピソードについて、まとめて6つ紹介します。

■激しすぎます!

・「会社の同僚と飲んで遅くなった電車の中でディープキスをしているカップルがいた。車内はある程度混んでいたのでカップルの前から動けず、目のやり場に困った」(33歳/商社・卸/事務系専門職)

・「路上でキスするカップルがあえぐ」(27歳/学校・教育関連/その他)

単なる「チュッ」というキスなら、まだほほえましくもありますが、ディープなキスは見ている方にとっても重いものです。「おいおい……」なんて男性たちの気持ちが、伝わってきそうですね。

■バチッ!

・「駅の別れ際のキスを見ていたら目が合った」(35歳/医薬品・化粧品/販売職・サービス系)

・「仕事で急いでいるときに路地で見てしまい、向こうもこちらを見てしまった」(32歳/電機/技術職)

人前でのキスは、日本ではまだまだ「普通」ではありません。目の前に「非日常」が現れたら、目を奪われて当然なのですが……。目が合ったときの気まずさは最高潮! 「きっと相手のほうが気まずいはず」と信じたいものです。

■知人のキス

・「同僚が、会社の帰りにキスをしているのを街中で目撃したとき」(37歳/機械・精密機器/営業職)

・「マンションの隣の子が敷地内でキスしてるのを目撃して目が合ってしまった」(37歳/小売店/販売職・サービス系)

どんなキスであっても、相手が「知らない人」であればまだマシと言えるのかもしれません。最高に気まずいのは、知人のキスシーンを目撃してしまうこと! 次会ったとき、どんな顔をすればいいのか……思わず不自然になってしまいそうですね。

■会社でのキス

・「会社の人気のない資料室で女同僚と上司がキスしていたのを目撃してしまって、しばらくかなり気まずい思いをしたことがあった」(27歳/印刷・紙パルプ/事務系専門職)

よりリアルなキスを挙げる意見もありました。トラブルに巻き込まれたくなかったら、「沈黙」するのがベストです。「見なかったフリ」で華麗にスルーしてください。

■多感な時期に

・「放課後の学校で友だちのキスシーン」(38歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「中学生のときに登校途中のおうちの、当時は30代後半だったと思いますが夫婦が玄関でチューをするんですけど、それに出くわすときがあり、そういうときは気まずかったです。あちらさんはまったく気にしていないそぶりでしたが多感な時期なのでドキドキしました」(39歳/金融・証券/営業職)

思春期のキス目撃には、強いインパクトがあるのでしょうね。あまりに激しすぎると、トラウマになる可能性もアリ!? 人目に触れる場所では、ほどほどにしていただきたいものです。

■誰と目撃?

・「付き合っているわけでもない女性と二人でいるときに、知らないカップルが道端でディープキスしているのを二人で見てしまったときは、変な雰囲気になってしまった」(32歳/マスコミ・広告/事務系専門職)

・「特にない。テレビのキスシーンを家族と見るのはいつも気まずい」(38歳/情報・IT/クリエイティブ職)

誰と目撃するのかによっても、対応方法にもちがいが生まれますよね。目の前のキスシーンに触れないのも不自然。かといって、どう触れれば不自然にならないのか……。特に「家族の前でのキスシーン」には、覚えがあるという人も少なくないのでは?

■まとめ

こんなキスシーンは、他人に気まずい思いをさせる可能性も大! 気持ちが盛り上がってしまうのもわかりますが、大人としては、できるだけ避けたほうが無難なのかもしれませんよ。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年8月18日~2016年9月16日
調査人数:101人(22~40歳の男性)

お役立ち情報[PR]