お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 カップル

彼氏が自分よりも後に知り合った女友だちとの付き合い、どこまで許せる?⇒●%は「連絡も取ってほしくない」

ファナティック

自分と付き合っているのに関わらず、彼氏が女友だちを作ると「その存在、必要!?」なんてちょっと微妙な気持ちになることも……。そこでこんなとき、彼氏にどこまでなら女友だちとの付き合いを許せるか、社会人の女性に教えてもらいました。

Q.女性に質問です。恋人が自分と付き合ってから知り合った異性の友だちと連絡を取ったり会ったりしていたらどう思いますか。

全然OK……12.7%
事前に教えてくれれば2人きりで会ってもOK……26.4%
連絡は取ってもいいけど、2人で会うのは嫌だ……36.1%
なるべく連絡も取ってほしくない……24.8%

今回のアンケートでは「連絡までならOK、2人きりで会わせるのは無理」という女性が最も多い結果に。新しくできた女友だちとどういう経緯で仲良くなり、どうして付き合いが必要なのか、わからないと2人で会わせるのは難しいですよね。詳しく聞いてみましょう。

■連絡は取ってもいいけど、2人で会うのは嫌だ

・「付き合った後はどの女の子よりも自分との時間を優先してほしい。その場に自分を連れて行って紹介してくれるなら信じられる」(25歳/医療・福祉/専門職)

・「大勢の中で知り合い、大勢で会うならいいけど、2人で会う意味がわからない」(31歳/マスコミ・広告/クリエイティブ職)

・「連絡を取るのは何か理由があって必要なときもあると思うけれど、2人で会うのは好意があってのことかもしれないので、嫌だから」(30歳/電機/事務系専門職)

長い付き合いの女友だちならまだしも、自分より後に出てきた女友だちに遠慮は無用!? 「連絡するな」とは言いにくいですが、2人きりで会わせる筋合いはないという女性も。何か相談事があり2人きりで会う必要があったとしても、そこは彼女で十分ですよね。

■事前に教えてくれれば2人きりで会ってもOK

・「会社の関係や、趣味の仲間で、たまたま異性であることも考えられる為。こちらもお互い話し合ったうえで、了解しております」(33歳/電機/秘書・アシスタント職)

・「彼を束縛しすぎて嫌われるのは嫌だと思う。また彼にも彼なりの付き合いがあるだろうからそこは彼を信用し尊重してあげて、こそこそせずに堂々と会うと話してくれればいいと思うから」(29歳/その他/専門職)

・「自分と付き合ってることで友だち関係を狭めることはしてほしくない」(27歳/その他/事務系専門職)

ただし人間関係の広さが仕事に影響してくるのを考えると、異性の友だちとの付き合いを制限するのは難しいという女性も。一定の距離を置きながら、いち大人としてお互いに付き合えるなら彼女が口出しする必要もないのかもしれませんね。

■なるべく連絡も取ってほしくない

・「なぜ二人で連絡を頻繁にとる必要があるのか、理由による。仕事のこと、などなら全く問題がないと思う。ただの雑談なら、なぜ特定の異性と頻繁に行わなければならないのか理解できない」(29歳/医薬品・化粧品/秘書・アシスタント職)

・「友だちといっても、どこで判断したらよいのか基準がないから、不安を常に持って付き合わなくてはいけなくなる」(30歳/医療・福祉/専門職)

ただしそうは言っても彼氏の友だちが異性となると、何かある度にその存在が脅威に感じられそうですよね。2人の間がうまくいっているときは問題なかったとしても、ケンカしたときやすれ違ったときに「異性の友だち」は怖い存在になりそう?

■友だちづきあいは自由にするべきだから、全然OK

・「つかず離れずの距離感を保ちたいので束縛するつもりないし、大切にすべきだと思うから」(27歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「そこは個人の人間関係の問題なのでこちらが否定して制限してもどうにもならないから」(33歳/その他/その他)

恋人同士とはいえ人間関係に口出ししていいとは限らず、それぞれ自由に付き合うべきという意見もありました。どんな友だちを作るにせよ、2人の間に信頼関係と愛があれば問題になりにくいもの。逆にそれでダメになるならそれだけのこと……なのかもしれませんね。

自分より後に異性の友だちを作られると、一体どういう目的で何のために付き合いが必要なのかと、うがった目で見てしまうもの。こんなときは安心できる相手かを確かめつつ、付き合い方を決めてもらうのがいいよう。取りあえずは「彼女優先」で決めてもらうのが一番?

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ(2016年7月にWebアンケート。有効回答数205件。25歳~34歳の社会人女性)

お役立ち情報[PR]