お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

男子の本音! 彼女についたウソ「元カノの人数」「合コンに参加」「年収」

ファナティック

シーン仲のいい恋人同士ではあっても、何もかもをさらけだせるかどうかはまた別の話。やましいところがあってもなくても、ちょっとしたことから小さな嘘を重ねてしまうこともありがちです。男性がついつい彼女や奥さんに嘘をついて隠したりごまかしたりしてしまうのは、いったいどんなことでしょうか? 男性の意見を聞いてみました。

■過去の交際経験について

・「今までに付き合ってきた人数は言いにくくて、ごまかしています」(33歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

・「今までに付き合った女性の数を少なめに言った」(36歳/建設・土木/技術職)

いま現在の恋人と付き合いはじめる前のことであれば交際人数が多くても少なくても問題ないように思えますが、案外気にする男性も多いよう。交際経験が多すぎるとチャラい印象を与えてしまうからでしょうか。

■仕事や会社の飲み会だと言ったけど、実は……

・「会社の飲み会と言って、合コンに参加した」(33歳/商社・卸/事務系専門職)

・「彼女との約束を仕事を理由に断って友だちとスノボに行った」(37歳/小売店/販売職・サービス系)

・「仕事と言ってテニスに行ったこと。ストレス発散に」(37歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「仕事と言ってパチンコに行った。理由は言うとひどい目にあうから」(36歳/学校・教育関連/専門職)

もっとも目立った回答が、こういった「仕事と嘘をついて遊んでいた」タイプの嘘。たまには羽を伸ばしたいけれど、彼女や奥さんに少し負い目を感じる……というときにはついつい仕事を理由にしてごまかしてしまう男性が多いようです。ただ遊びに行くだけならいいですが、合コンやギャンブルはちょっといただけませんよね。なかには出張に行くと嘘をついて別な女性と会っていたという人も!

■案外、多いお金関係

・「カッコよく見せたくて年収で嘘をついた」(38歳/機械・精密機器/販売職・サービス系)

・「自分の年収をちょっと盛っている」(25歳/建築・土木/事務系専門職)

・「臨時収入があったときでもそういうのがなかったようにふるまっています。これは今までもこれからも同じようにしていくと思います。偶然得たお金は自分だけのものとして使いたいという気持ちが強いんです」(39歳/金融・証券/営業職)

同棲している恋人どうしや夫婦のあいだではかなり重要に思えるお金関係についても、実は嘘をついたり隠したりしている男性は多いよう。たしかに収入の額については、ついつい見栄を張ってしまう気持ちも少し分かりますよね。少しくらいなら許容範囲のようにも感じられますが、なかには借金があることを黙っていたという男性も。

■やさしい・かわいい、小さな嘘

・「心配をかけまいと嘘をつくことはある」(38歳/自動車関連/事務系専門職)

・「二度寝したかしてないかはよくごまかす」(25歳/情報・IT/技術職)

相手に心配をかけたくないというやさしさからつい嘘をついてしまう、という素敵な男性もいるよう。その気持ち自体はうれしいものの、大事なパートナーであればむしろ正直に話してもらったほうがいいという女性も多そうです。二度寝してしまったかどうかなど、日常の些細なことを慌ててごまかす彼はどこか子どもらしさもあってかわいく思えますね。

■まとめ

男性はパートナーにさまざまなタイプの嘘をついているよう。どんな理由の嘘だとしても、その根底にあるのは「トラブルを避けたい」という気持ちではないでしょうか。ある意味ではふたりの円滑な関係を意識しているのかもしれません。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2016年8月にWebアンケート。有効回答数107件(22歳~39歳の働く男性)

お役立ち情報[PR]