お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

付き合うきっかけって何? 好きな人を恋人にするテクニック

ぱぷりこ(恋愛コラムニスト)

「気になっている人がいるけど、付き合う気配がない」「デートに誘われない」「恋人がほしいのかどうかがわからない」

好きな人がいるものの「お付き合い」にまでいたらない……と悩む女性から、定期的に相談を受けます。好きな人と付き合うにはどうすればいいのか、そもそも恋人たちはどうやってお付き合いにまで発展しているのか、どうきっかけを作ればいいのかについて解説します。

付き合うきっかけがつかめない女性たち

付き合うきっかけつかみにくい現状

「好きな人はいます。でも、付き合うきっかけがわからないんです」という女性は多いです。話を聞いてみると、悩みにはいくつかのパターンがあることがわかります。

1 男性からアプローチされない:「告白されない」「デートに誘われない」など
2 2人きりのシチュエーションにならない:「いつもグループでつるんでいる」「会社で話すだけ」「2人ででかけるきっかけがない」など
3 友だち以上に見られない:「よく遊ぶが友だちとしか思われていない」「男友だちの延長だと思われている」など
4 反応が悪い:「LINEを送っても返事が遅い」など
5 反応がない:「LINEが既読スルー」など

これらのパターンにはまる理由はいくつか考えられます。

まず「男性側からのアプローチを待っていて自分から動かない」場合。「自分からいくのは恥ずかしい」「男性からきてほしい」「失敗が怖い」と考えて自分から行動を起こさない女性はまだまだ多いです。しかし、「男からグイグイいかなくてはならない」「女は口説かれるのを待たなくてはならない」といった恋愛のジェンダールールは薄れてきており、男性も「失敗が怖い」「恥ずかしい」「相手のほうからグイグイきてほしい」と考えていて、「総受け身」の時代になっています。SNSや趣味の多様化により「さびしい」と思うことが減ってきて、恋愛にそこまで強い興味を持てなくなっている人が増えてきている、という背景もあります。男女ともに恋愛にそこまでの労力を割きたがらず、相手の行動待ちをしていると、付き合うにまでいたらないのは当然ともいえます。

また、「相手との距離を縮める方法がわからない」から、という理由もよくあります。お付き合いにいたるには「2人きりで過ごす時間」と「恋人になれそうな雰囲気づくり」が必須ですが、男女ともにこのスキルがなく相手待ちだと、お付き合いに発展しません。

ほかには「相手に恋人がいる」「相手が自分に興味を持っていない」など、「脈なし」というシビアな理由も考えられます。

女性から付き合うきっかけを作る

付き合うきっかけがない5つの理由のうち、「男性からアプローチされない」「2人きりのシチュエーションにならない」「友だち以上に見られない」「反応が悪い」については、女性側のアクションによって改善が可能です。「反応がない」については、「恋愛・女性・あなた」のいずれかに興味がないか、コミュニケーションが難しいタイプなので諦めたほうがよさそうですが、それ以外のパターンであれば、女性が先に行動すれば変化する可能性が高いです。

上述したとおり、「恋愛では男性のほうからアプローチしてリードすべし」という考え方の男性は減ってきており、男女ともに「アプローチされることを待っている」「恋愛にそこまで興味がない」状態です。だとするなら、自分からアプローチする勇気とスキルを持てば、お付き合いに持っていける可能性が高くなります。

次ページ:【男性アンケート】何がきっかけで付き合うの?

SHARE