お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 カップル

あの女イラつくわ~!! 男性から嫌われやすい、空気が読めない職場の女子の特徴5つ!

どこの世界にも、周囲の雰囲気を読むことが苦手な人はいます。盛り上がっている雰囲気をぶち壊しにされたり、会話の邪魔をされたり……。思わずイラッとすることもあるのかもしれませんね。プライベートなら軽く流せても、仕事となると話は別! 意思疎通が難しい分、苦労も増えてしまいがち……? そこで今回は、働く男性たちを対象に、「職場の異性の中で、空気が読めない人」についてアンケートを実施しました。

Q.職場に空気の読めない異性はいますか?

「いる」……43.5%
「いない」……56.5%

「いる」と答えた方に、その異性の空気読めない度がわかる、具体的なエピソードも教えてもらいました。

■盛り下げます

・「みんなが同じ話題で話が盛り上がってきたところに、盛り下がるようなよくわからない話題をいきなりしだす。みんな超冷めた目」(24歳/金属・鉄鋼・化学/その他)
・「まわりがまとまって仕事に取り組もうとしているのに、揚げ足を取ったりなど足を引っ張る」(34歳/小売店/営業職)

和気あいあいとした雰囲気の中、まるで爆弾のように投下されるKYな一言……。本人的には注目を集めたいだけなのかもしれませんが、結果は逆効果です。チームワークのため、周囲に合わせる意識も大切だと言えそうです。

■タメ語

・「まわりは年上ばかりなのに、タメ語でしかも自分の都合だけを言って、ノリが高校生のまま。『えー、嫌ですよー』とか」(33歳/情報・IT/技術職)
・「いちいち声色を変えて、『わたしできなーい』と言う」(33歳/小売店/クリエイティブ職)

「かわいい」と思われることを狙っているのかもしれませんが、社会人としては完全アウト。とはいえ本人のためにも、一度誰かが、きちんと伝えた方が良いような気もします。

■忙しいのに……

・「仕事をしない、人が忙しいときに仕事とは関係のないことを話してくる」(31歳/その他/販売職・サービス系)
・「社員全員が忙しい時期なのに、くだらない長い世間話でまわりがうんざりした」(26歳/その他/その他)

かなりイラッとする状況も目立ちました。「余計なことを話す暇があるなら、手伝って!」というのが本音。とはいえ、それを伝えても……裏で陰口を言われるだけなのかもしれませんね。

■感情に任せて

・「やたらと感情任せの発言をして職場の空気がおかしくなる」(38歳/情報・IT/技術職)
・「自分の思い通りにいかないことはすぐ怒鳴る。ちょっと片付けが出来てないだけで延々10分ぐらい怒鳴る。もちろん誰も相手にはしない」(32歳/その他/事務系専門職)

感情に支配されがちな女性だからこそ、それがマイナスに働くことも。実際に口にする前に、一度冷静になって、内容を見つめ直すことで、失敗も避けられそうです。

■悪気はなくても……!?

・「職場でみんなが話で盛り上がっているのに一人だけずっとスマホをいじっている新人女性社員。積極的に入ってきてほしいなと思う」(34歳/食品・飲料/販売職・サービス系)
・「関係ない会話に参加してくる。うっとおしい」(26歳/アパレル・繊維/その他)
・「まわりが折角その人のことを褒めているのに、謙遜しすぎてまわりから褒められた言葉を全力で否定するとき」(34歳/機械・精密機器/技術職)

本人に悪気がなくても、男性からは「空気が読めない」と評されることもあるようです。特に「みんなの会話の加わるべきか否か」という点は、かなり慎重に判断するべきポイント。スマホばかりに夢中にならず、さりげなく周囲を観察してみるべきなのかもしれませんね。

■まとめ

日本の社会でうまくやっていこうと思ったら、「空気を読む」ことは、かなり重要なスキルです。空気を読み過ぎて無個性になってはいけませんが、周囲に嫌な思いをさせないための気遣いは大切! 損することを避けるためにも、ぜひ男性意見を参考にしてみてはいかがでしょうか。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年8月にWebアンケート。有効回答数161件(22~38歳の働く男性)

お役立ち情報[PR]