お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

オエェッ、気持ち悪っ! 至上最悪だったキスの思い出10

ファナティック

キスという体験は女性にとって大切なもの。そのため期待を裏切られたキスだったり、予想外のキスだったりすると「トラウマな思い出」になってしまうことも……。そこでこれまでで最悪だったキスの思い出とは何か、働く女性に聞いてみました。

■好きじゃない人とのキスの思い出

・「好きでもない人と無理やり。すごく嫌で泣きそうでした」(31歳/建設・土木/事務系専門職)

・「好きでもない相手に不意討ちの無理矢理キス。余計嫌いになりました」(35歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

・「飲んだ勢いで同僚にされたキス」(29歳/学校・教育関連/専門職)

俺様系男子の強引なキスに女性がときめくのは「好きな相手」のときだけ! そうじゃない人からの強引なキスは不快感や拒否感のスイッチは入っても、ときめきのスイッチはまったく入らないですよね。消去したい思い出ナンバー1になること確実!?

■血みどろなキス

・「キスに夢中になりすぎて歯が当たって血が出た」(27歳/建設・土木/事務系専門職)

・「勢いあまって歯がガチンと当ってしまったとき」(27歳/金融・証券/事務系専門職)

・「口内炎が切れて血みどろ」(33歳/建設・土木/技術職)

キスが予想外に血みどろになってしまったときも衝撃が大きいですよね。激しいキスはあこがれますが、まさかここまで激しいとは思わなかった……なんてあっけにとられた女性も多いかも? 「好き」という気持ちが強すぎるときはキスを慎重に!

■ソースやしょうゆ味のキス

・「やきそばを食べた直後のキス。ムードがぶち壊しだった」(26歳/情報・IT/事務系専門職)

・「夏祭りの最中。相手が食べてたイカ焼き味……」(30歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

大好きな人とのキスは、できるなら爽やかなレモンやライム味、もしくは甘~いイチゴ味とかがいいですよね。夏祭りデートでするキスはソース味やしょうゆ味、青のりトッピングなんてことがあるので注意です。

■キスを断られた!

・「ニンニク臭いからできないと言われた。食べた記憶もないのに何よ」(25歳/食品・飲料/技術職)

・「友だちが来るとそそくさ終わらされたキス」(32歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

女性からキスのおねだりをするのがどんなに勇気のいることか。それをわからず彼氏にキスをササッと終わらされたり、逃げられたりするとやっぱり傷つきますよね……。せめてキスしない言い訳を彼女のせいにしないでほしい!?

キスは女性にとって、とっても大切なもの。それを踏みにじられてしまうとやっぱりショック……ですよね。ただ全部が全部最高のキス、という訳にはいかないのが人生。苦い思い出はさっぱり忘れて、最高のキスの思い出をひとつずつ作っていきたいですね!

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2015年11月にWebアンケート。有効回答数216件(22歳~39歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]