お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 カップル

ちまちまちまちま……セコすぎない? 彼氏の器の小ささに情けなくなった経験・5選

ファナティック

自分の彼氏には、できればどんなことも動じず、男らしくいてほしいと思うものですよね。あまりにも女々しい部分を見てしまうと、今後の付き合い方にも影響が出てくるかもしれません。そこで今回は、彼氏の器の小ささに情けなくなった経験について、社会人女性のみなさんに語っていただきました。

■いつも割り勘にする

・「元カレは、いつも自分だけお酒を飲んで、きっちり割り勘だった」(29歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「自分のほうが飲み食いしたくせに完全割り勘にしてくる。ケチな男は嫌なので」(27歳/アパレル・繊維/秘書・アシスタント職)

・「きっちり割り勘。食事代だけでなく、駐車料金などデート代が10円単位で割り勘でセコいなと感じた」(34歳/学校・教育関連/事務系専門職)

お金を大切にするという意味では割り勘はよいのですが、デートとなると少し違ってきますよね。女性としては、何も言わず全部出してくれる器の大きい人のほうが頼れそうですよね。

■ポイントを気にする

・「ポイントが付かず機嫌が悪くなった」(27歳/その他/専門職)

・「ポイントで支払いをした」(27歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

・「私が貯めたスーパーのポイントカードのポイントを、彼の買い物のときに使ってほしいと言ってくる」(28歳/ソフトウェア/技術職)

ポイントをうまく活用することはいいことかもしれません。ですが、そのことで細かすぎたりすると、女性としては少し嫌な気持ちになることもありますよね。

■すぐ怒る

・「小さなことで怒る」(30歳/小売店/販売職・サービス系)

・「少しの遅刻でも怒る」(27歳/その他/秘書・アシスタント職)

・「すぐ怒る」(25歳/生保・損保/営業職)

彼女のためを思ってであれば、納得もいくのですが、自分のことだけを考えて怒る男性もいるようです。気が短いのかもしれませんが、器が小さいと感じてしまいそうですね。少々のことは気にとめず、おおらかに受け入れてもらいたいものですね。

■電気代に厳しい

・「家電のコンセントを使い終わったあとに抜かないと怒る」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

・「『冷蔵庫を開けている時間が長い』と言われ、器が小さい人だと思い、こんな人と付き合っているんだと思うと情けなくなった」(24歳/建設・土木/その他)

結婚してからであれば、いろいろ節約のことを考えるのはいいことかもしれません。ですが、付き合っているうちからいろいろと細かく注意されるのは、あまりいい気はしないですよね。

■入場料や電車賃まで

・「せっかく行った観光地で、入場料がもったいないとお寺を見に行かせてもらえなかった」(27歳/情報・IT/事務系専門職)

・「電車賃が安いからと遠回りしてまで安い乗り方で行ったこと。面倒だった」(32歳/建設・土木/事務系専門職)

旅行に行ってその地でしか体験できないことも多い中、ケチられてしまうとちょっと引きそう。そういうところは大きくかまえてほしいですよね。

■まとめ

彼氏の器の小ささに情けなくなった経験について、社会人女性のさまざまなエピソードが寄せられました。中にはデートの際は、細かいことよりも、楽しむことを考えてほしいですよね。あまり器の小さな部分ばかり見せられてしまうと、さすがに心も離れていくかもしれませんよね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年7月29日~8月2日
調査人数:150人(22歳~34歳の女性)

お役立ち情報[PR]